◆2019年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2018年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2017年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2016年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦


十段戦の挑戦者は『村川大介八段』となりました。

村川8段は2014年の王座戦で井山7冠からタイトルを奪い取っています。しかし、翌年の2015年に挑戦権を獲得して戻って来た井山にタイトルを奪い返されています。2016年は碁聖戦で挑みましたが、井山には勝てませんでした。今回、井山7冠とは4度目のタイトル戦となります。

スポンサーリンク

第3局目

対局日 : 4月12日(木)
対局場 : 長野県大町市「くろよんロイヤルホテル」
持ち時間: 3時間

白番  : 井山裕太(7冠)
黒番  : 村川大介(八段)

対局結果: 白、井山7冠が十段を防衛!

井山7冠、十段戦3戦全勝で防衛を果たしました。井山7冠、お強い。国内では無敵ですね。まったく負けません。今回の対局は結構接戦でしたが、最終的には4目半ほど白が良かったようですよ。

次は5月から始まる『本因坊戦』です。山下9段が挑戦権を獲得しました。5月15日(火)から始まります。一ヶ月、丸々あいちゃうんですよね~。それが寂しいところ。5月中旬には碁聖戦の挑戦者も決定しているかもしれませんね。そちらの方も注目しておきましょうノ

第2局目

対局日 : 3月22日(木)
対局場 : 埼玉県戸田市「戸田市文化会館」
持ち時間: 3時間

白番  : 村川大介(八段)
黒番  : 井山裕太(7冠)

対局結果: 黒、井山7冠の中押し勝ち

井山7冠の2連勝で防衛に王手

井山7冠、安定の2連勝です。幽玄の方を見ていたら『白の方が良い』とあったので久しぶりに負けるのかなと思ったんですけどね~。やっぱり活用です。今回もいつものストレート防衛を達成しそうな気がします。頑張れ、村川八段!

【今後の日程】
・3月24日(土): 囲碁電王戦Final(中国ミイクテイ九段)
・4月01日(日): 囲碁電王戦Final(韓国パクジョンファン九段)
・4月07日(土): 囲碁電王戦Final(日本趙治勲名誉名人)
・4月12日(木): 十段戦第3局目

囲碁AIの『DeepZenGoプロジェクト』が終了するということで、過去DeepZenGoが敗北してしまっているこの3人との対局が組まれています。DeepZenGoの活躍がこれで見納めになるかと思いますと、なんだか寂しく感じますね~。当日はニコニコ動画にて動画による大盤解説もあります。もちろん無料で視聴できますよ。お時間のある方はぜひ視聴いたしましょう!

十段戦第3局目は3週間後の4月12日となっています。日程表も作っていますので、よければそちらでもご確認ください。

第1局目

対局日 : 3月6日(火)
対局場 : 東大阪市「大阪商業大学」
持ち時間: 3時間

白番  : 井山裕太(7冠)
黒番  : 村川大介(八段)

対局結果: 白、井山7冠の中押し勝ち

十段戦は井山7冠が先勝!

井山7冠、中央の白が死んでしまって初戦敗北かなと思ったのですが、意外と下辺でつながりましたね。プロの解説の方もコウになるとわかっていたようですから、わかる人にはわかる場面だったようです。

タイトル戦、なかなか負けませんね、井山は。いったい何連勝してるのかなと確認してみたところ、最近、井山が負けたのは昨年の名人戦の第1局目となります。それから名人戦4連勝、王座戦3連勝、天元戦3連勝、棋聖戦4連勝、そして今回の勝利ということで・・・・・タイトル戦15連勝中ですね。国内棋士では井山に勝つのは難しそうです。

今後の日程ですが、3月は『ワールド碁チャンピオンシップ』が開催されます。中国ランキング1位のカケツ韓国ランキング1位のパクジョンファン、そしてもちろん井山7冠も出場しますよ。まさに世界最強決定戦となる注目の国際戦です。例年通りならニコニコ動画で無料生中継されるはずです。皆さんもできる限り視聴しましょう! 視聴方法などは情報が入り次第、リンク先にて説明いたします。

◆囲碁日程表◆
http://netdays365.com/archives/3363

3月17日(土): ワールド碁①
3月18日(日): ワールド碁②
3月19日(月): ワールド碁③
3月22日(木): 十段戦第2局目

十段戦の日程、賞金など

第1局 3月6日(火) 東大阪市
「大阪商業大学」
第2局 3月22日(木) 埼玉県戸田市
「戸田市文化会館」
第3局 4月12日(木) 長野県大町市
「くろよんロイヤルホテル」
第4局 4月20日(金) 大阪府大阪市
「日本棋院関西総本部」
第5局 4月26日(木) 大阪府大阪市
「関西棋院」

(日本棋院、第56期十段戦参照:http://www.nihonkiin.or.jp/match/jyudan/056.html

主催   : 産経新聞
賞金   : 700万円
挑戦手合い: 5番勝負
持ち時間 : 3時間、秒読み5分
創設年  : 1961年

スポンサーリンク

十段戦『本戦』

十段戦の挑戦者を決めるトーナメントです。例年通りなら年内にベスト4、2018年の1月末ごろに挑戦者が決定となります。

棋士名 1回 2回 3回 準決 決勝
山下9段  村川  村川  村川 村川
本木8段 村川
村川8段
王立9段  余
余7段
蘇9段  許
秋山9段
許4段
羽根9段  羽根
金8段
結城9段 志田  志田  志田
安達4段 志田
志田7段
王銘9段
畠中9段
一力7段 一力  一力
林8段 中野
中野9段
今村9段 伊田
伊田8段

決勝:村川八段が挑戦権を獲得!

村川八段が志田七段をやぶって十段戦の挑戦権獲得です。おめでとうございます! 村川八段は2016年の挑戦者でしたね~。ま~、結果は井山七冠の3戦全勝でしたが・・・。今回こそは・・・1勝くらいしてほしいな~という心境です、現在の井山7冠の強さを考慮しますと。

準決勝

一力八段、ここで消えましたか~。王座戦、天元戦と井山7冠にボコボコにされてますからね。意気消沈ってところでしょうか。

3回戦

村川八段、久しぶりに上がって来たな~って印象です。許4段は上に上がってくるメンバーの中では常連ですね~。後一歩届いていないようですが。志田7段は最近よく見かける名前になって来ました。一力7段、4期連続挑戦者を目指しています。

2回戦

ここで中野九段が負けてしまいましたか。ムムム・・・残念です。

一力七段はここ十段戦でも好調のようです。王座、天元の挑戦者になって、棋聖戦の挑戦権も濃厚で、十段戦も勝ち上がっているわけですからね。そして、これだけの勢いがあっても井山7冠には勝てませんか。井山単独時代が10年以上続きそうな予感です。

1回戦

昨年、本因坊戦の挑戦者だった『本木8段』がここで消えましたね。残念です。

『中野泰宏9段』、プロの世界を勉強中の私にとっては初めて見かける名前です。調べてみると私と同郷の福岡出身では無いですか!? これはまた、頑張っていただきたいものです。ブログの運営もされているようなので貼っておきますね。

◆中野泰宏9段のブログ
http://gotu3.exblog.jp/

勝利の棋譜もチェックしてみましょうかね。

白番  : 中野泰宏(9段)
黒番  : 林子 淵(9段)

対局結果: 白番、中野泰宏(9段)の192手中押し勝ち

これはまた、変則的な序盤で来ましたね。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク