2018年11月時点で最も棋力が信頼できるネット囲碁の対局サイトは『東洋囲碁』と『野狐囲碁』の2つだと思います。単純にネットの対人戦を楽しみたいのであればこの2つで十分です。

東洋囲碁の公式サイト

この記事では東洋囲碁の魅力と、無料で楽しむ方法を簡単に説明しています。よければ参考にしてください。

スポンサーリンク

東洋囲碁のアカウントを作る方法

東洋囲碁で打つにはメール登録を行いアカウントを作る必要があります。メールを用意して登録しましょう。

◆無料会員登録
https://tygem.toyo-igo.com:444/member/join_conditions.php?m_type=fre

とりあえず、無料会員登録のリンクを張っておきます。トップページから簡単に行けるとは思いますが迷って分からないと感じるならコチラのリンクから無料会員登録を行っておきましょう。

ポイント補充により無料で1日3局打てる!

東洋囲碁は『12時間に1回3万ポイント無料補充できる』という仕様になっています。ですからですから厳密にいえば3~6局ほど無料で打つことができます。

サイトを利用している方たちの中には『無料補充できるだなんて知らなかった』という方もいらっしゃいます。で、有料サイトだと勘違いしてお金を払っている人も多いようです

ということで、『無料でポイントを補充する方法』を説明してみようと思います。

皆さんご存知の通り『自動対局申し込み』ボタンを押せば自動的に対局相手を探してもらえます。

保有ポイントが『0碁ポイント』になっていますね。これでは対局できません。

そこで、まずは『はい』のボタンを押してください。

ここで『世紀会員登録』を東洋囲碁は勧めてきますが、右側に『囲碁ポイント無料充電所』というボタンがあることがわかると思います。ここを押しましょう。

するとこのような画面となります。文字がバグっていますが『無料ポイント補充完了』って意味です。これではわかりませんが、すでに3万ポイントが補充されていますよ。

再度、『自動対局申し込み』のボタンを押してこの画面を表示させると『保有ポイント3万ポイント』になっているのがわかると思います。これでまた対局が3局行えます。

最初に説明した通り、この無料ポイント補充は『12時間に1回』行うことができます。私はめんどくさいので『1日1回3万ポイント補充できる』と判断しています。1日3局以上打つことはめったにないので、そう考えて問題ないんですよね~。

また、沢山打ちたい場合は『野狐囲碁』という別の無料対局サイトで打てばいいです。ですから、わざわざ東洋囲碁で有料登録する必要は全くないんですよ。

東洋囲碁の棋力は信頼できる

『自分の囲碁の棋力はどれくらいなのか?』

こういった話がネットで良く語られています。しかし、囲碁の棋力基準というのは結構曖昧で『信頼できる棋力』というものはなかなか存在しません。

例えば、ネットの掲示板や質問サイトでこんな発言を見かけます。『私は日本棋院の初段の免状を持っています』 ハッキリ言いますが、日本棋院の免状を持っていても何の意味もありません。こんなことを言うと日本棋院に怒られてしまいそうですが、実際の所、私の囲碁仲間の間では『免状なんてお金を払えばもらえるもの』と言われています。そもそも、免状一つで永遠に初段を保証するなんてありえない話なんです。

また、他のパターンでは『私は囲碁の初段です』などと名乗る人もいます。『囲碁の初段って、何を基準とした初段ですか?』としか返答のしようがありません。囲碁と言うのは、場所によって棋力の基準が異なるんですね。ですから、ただ『囲碁の初段です』と言われても、一体どの程度の強さなのか第三者では判断できないんです。

では、どこを囲碁の強さの基準とすればいいのか? 私はその基準とすべきサイトが『東洋囲碁』であり『野狐囲碁』だと考えています。

『私は東洋囲碁の初段です』

このように言えば、日本全国、誰にでもその強さがどの程度なのかわかるんです。理由は全国の日本人だけでなく、中国人も、韓国人も、ヨーロッパ人もアメリカ人も打っているサイトだからです。まさに『世界水準の囲碁サイト』であると言えます。

ですから、もし皆さんが『自分の本当の棋力を知りたい』と考えているのであれば東洋囲碁で打つことをお勧めいたします。そこでの棋力は日本国内だけでなく、世界でも通用する棋力として主張できます。

スポンサーリンク

東洋囲碁をやるメリット

1.対局相手を自動で探してくれる『自動対局申し込み』ボタン
これ、メチャクチャ便利です。ボタンを押せば、自分と同じ気力の人に勝手に対局申し込みしてくれるんですよ。結構すぐに対局相手が見つかりますよ。

2.棋譜が残る
棋譜が残るので、対局後に自分の対局の棋譜をチェックできます。棋譜をチェックできるだけでなく『検討機能』もあるため『この場面でこう打っていたらどうなるのか』など色々と打って試すことが可能です。この検討機能は必ずほしい機能です。

ただし、無料会員は3~4ヶ月で消されてしまいます。永遠に棋譜を残したいなら有料会員になるしかありません。ま~、そこまで残したいとは思いませんけどね。

3.形成判断機能がある
形成判断ボタンというものがあります。このボタンを押すと、自動的に数えて、自分がどの程度、勝っているのか、負けているのかを表示してくれるんですよ。

対局中はできないと思います。有料会員ならできるかも? ま~、対局中に使えばずるい感じはしますよね。

形成判断機能は対局後の検討で使うのが便利です。自分で数えなくていいですからね。重宝しています。

4.対局相手がとても多い
東洋囲碁は、おそらく無料対局できる囲碁サイトの中ではトップクラスの規模です。その為、常に数千人の人がいます。対局相手に困らないんですよね~。

東洋囲碁は韓国系の囲碁サイトのようです。ですから、韓国人がとても多いです。中国人も結構います。ヨーロッパやアメリカの人たちもいますよ。世界中の人と対局できるってのも魅力なんですよね。

5.マナーは比較的良い
ネット囲碁をやっていて一番気になるのは『マナー』ですよね。
・暴言を吐かれる
・放置して打たなくなる
・回線を切って逃げる
・何故か勝っていたのに負けになっていた
などなど、妙なトラブルになることもあります。

私の経験で言わせてもらいますと、東洋囲碁はマナーが良い部類のサイトです。あまりマナーの悪い人は見かけません。

とは言っても、マナーが悪い人が多いのは18級とか17級とかの初心者が多い場所なんですよね。ですから、初心者が集まる場所ではそれなりにいるかもしれませんね。

当ブログ主は二段あたりで打っているのですが、こういったところは荒れていません。時々変なのがいますが、基本的にマナーは良いです。

私の知る限り、最もマナーが悪いのは
・ハンゲーム囲碁
・yahoo囲碁
の2つです。
ずっとハンゲーム囲碁が一番マナーが悪いかなと思っていましたが、先日、yahoo囲碁で打ってみて思いましたよ。下には下があるものなんだな~と。yahoo囲碁だけは、お勧めできません。

スポンサーリンク

Leela (1)無料入手方法(2)検討、レーティング対局(3)『野狐囲碁』の棋譜を検討(4)『東洋囲碁』の棋譜を検討
Lizzie (1)無料入手方法(2)使い方・操作方法(3)野狐囲碁の棋譜を検討(4)東洋囲碁の棋譜を検討(5)Lizzieができない
野狐囲碁 (1)基本的な操作方法(2)絶芸の検討機能(3)プロ棋士の棋譜(4)ツイッターで棋譜紹介(5)Lizzieで検討(6)Leelaで検討
東洋囲碁 (1)無料ポイント補充方法(2)棋譜をsgfに(3)フリーソフトで棋譜をsgfに(4)Lizzieで検討(5)Leelaで検討