ここで紹介する『COSUMI(こすみ)』というサイトは『無料でコンピュータと対局ができるサイト』です。5路~19路まで存在し、囲碁を始めたばかりの初心者の方にとてもお勧めなサイトですよ。

◇◆◇COSUMI◇◆◇

また、いきなりネットの対人戦で対局するのは怖いという方もコンピュータ対戦であるため安心です。

スポンサーリンク

『対局』・・・5~19路まで好きな盤面でのコンピュータ対戦を楽しむことができます。
『昇級モード』・・・勝てば勝つほど級が上がっていきます。負ければ下がっていきます。
『対人戦』・・・コンピュータとの対戦ではなく、人と対局したい方はこちらを。『囲碁クエスト』という9路・13路・19路の対人対局サイトを紹介しています。

以下、詳しい説明を入れていますので参考にしてください。

COSUMI(こすみ)の対局方法

ここではCOSUMI(こすみ)の対局方法を解説していきます。

(1)『対局』画面を開く

まずはリンクをクリックしてください。

◆『対局』用リンク
http://www.cosumi.net/mobile/play.html

こちらにリンクを用意しましたが、理解出来たら記事の上の方にある『ボタン』からゲームを開始されることをお勧めいたします。

(2)盤面の広さを選択する

リンクをクリックするとこのような画面となります。

好きな盤面のサイズを選んでクリックしてください。

初心者の方は『5路』から始めてみましょう。打ち方がわかってきたら6路、7路、8路・・・・・と上を目指していくといいです。

とりあえず、当記事では『9路』を選びますね。

(3)レベル(強さ)を選択する

盤面を選ぶと、次は対局相手となるコンピュータの『レベル(強さ)』を選ぶことになります。

なお強さは『0が弱い』で『5が最強』となっています。好きな強さを選びましょう。

とりあえず、当記事では『レベル0』を選びます。

(4)自動的に『黒』か『白』が選択される

コンピュータの強さを決めると、次のような画面となります。

これは『あなたは白番です』という意味です。自動的にランダムで白になるか黒になるかが決定されます。今回は、私は白になりました。

ここでは特に何かを選ぶという事ははりません。『OK』を押すと対局開始となりますが・・・・・、その前に、『対局の終了方法』を知っておいた方がいいと思います。

スポンサーリンク

(5)対局の終了方法

打つ場所が無くなったら下にある『PASS』をクリックしてください。

するとご親切に英語で『本当にパスしていいんですか?』と聞いてきますので『YES』をクリックです。

まだ打つ場所があればコンピュータは打ってきますが、なければコンピュータもパスしてきます。お互いにパスの状況になったら終局(対局の終わり)です。

コンピュータが自動的に計算して、結果を教えてくれます。

これは『29目差であなたの勝ちです』ということです。

ここで『OK』を押すと『もう一局打ちますか?』という画面になります。『YES』を押せば再び対局となりますよ。

(6)間違え防止のための『2重クリック機能』

碁盤はどうしても広いので、スマホで指で押していると『間違えて別のところに押してしまった・・・><。』などという事もあります。そういうことにならないようにするために便利なのが『2重クリック機能』です。

右上にある場所をクリックして『2Click』にしましょう。そうすると『1手打つのに2回クリックが必要』という状況になります。

もし、1回クリックして間違った場所になっている時は、どこでもいいので『別の場所をクリック』しましょう。そうすると、1回目の場所がキャンセルされます。そして、打ち直しが可能になるんです。クリックミスの多い方にお勧めの機能だと言えます。

以上、簡単な操作方法の説明でした。

初心者のための検討機能

COSUMI(こすみ)の5~9路の対局には『検討機能』が備わっています。この機能を使えば『どの打ち方が悪かったのか』をコンピュータが教えてくれます。初心者の方はぜひ活用しましょう!

対局が終わった後、こういった画面になります。これは『対局した棋譜を見直してみますか?』という意味です。『YES』を押してください。

そうすると、対局の棋譜が表示されるので見直すことができますよ。

◆私が対局した棋譜 ⇒ 棋譜データ

結構真面目に打ったつもりですが、コンピュータが悪いところを指摘してきました。

黒の私は横に伸びましたが『✕』がつけられました。コンピュータは『〇』の場所が正しいとの主張です。

囲碁歴15年の私ですが、このような指摘を受けるとは思ってもみませんでした。ま~6路盤の経験がありませんのでピンと来ませんが『〇』の位置が正しいのでしょう。

さらにここを指摘されました。これは納得です。黒は『〇』の位置に打つべきでした。理由は実戦の通りで、白が『〇』のところに放り込めば黒の陣地を1目減らすことができるんですね。ま~、初心者の方にとってはちょっと難しいと思いますので理解できなくとも大丈夫です。

何にしても、間違いを指摘してくれるこの機能はとても素晴らしいなと思います。初心者の方々は必ずこの検討機能を使ったほうがいいですよ。

画面サイズの調整方法

パソコンでCOSUMI(こすみ)を楽しまれている方は『囲碁盤とパソコン画面のサイズがあっていなくて使いにくい』と思っている方もいらっしゃるかもしれません。そういった方々のための便利な操作方法をご紹介いたします。

全画面表示『F11』をクリック

このボタンを押すと『全画面表示』になります。元に戻したい場合は再び『F11』を押しましょう。

ページ縮小『Ctrl』『-(ほ)』の2つを同時クリック

ページ全体を縮小したい場合は『Ctrl』『-』の2つを同時クリックしましょう。2度、3度と複数回オスとどんどん全体が縮小されていきます。

ページ拡大『Ctrl』『+(れ)』の2つを同時クリック

逆にページ全体を拡大したい場合は『Ctrl』『+』の2つを同時クリックです。そうするとページ全体がどんどん拡大していきますよ。

初期に戻す場合は『Ctrl』『0(わ)』の2つを同時クリック

画面を元のサイズに戻したいという場合は『Ctrl』『0』の2つを同時クリックです。そうすると初期設定のサイズに戻すことができます。

大きいキーボードを使っている方はこちらも参考になると思います。『+』『-』『0』ですからこちらの方がわかりやすいと思いますよ。参考にしてください。

【応用】SGFデータを使ってみよう

COSUMI(こすみ)には『SGFデータ』も表示されています。『SGFデータ』というのは『囲碁の対局をデータ化したもの』です。囲碁の棋譜データと言えばSGFってなくらに有名なものです。

しかし、難しいため使いこなせている人はそんなに多くいません。また、普通の人は使う機会もめったにないんですよね。ですから、そこまで意識する必要もありません。

もしどうしても使いこなしてみたいという方は、別記事にてSGFデータの使い方を紹介していますのでそちらを参考にしてください。

◆野狐囲碁のSGFに関して
http://netdays365.com/archives/2875

こちらの『【応用】他の人に棋譜を見せる方法』にてSGFの説明を行っています。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク