囲碁AIソフト『天頂の囲碁7』を購入し『レーティング対局』をコツコツ頑張っているのですが・・・・・思いのほか強くてビビりました。かなりシビアだと思います。

ここでは天頂の囲碁7のレーティング対局がどの程度の強さであるのかを考察していってみようと思います。あくまで私の経験の範囲内ですので、その点、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ブログ主の棋力

前もって語っておきますと、ブログ主である私(ムスイ)の棋力は2018年1月時点で3段程度となります。

◆東洋囲碁では3段

◆野狐囲碁でも3段

 

2017年度の棋力変動は

・東洋囲碁2~3段
・野狐囲碁3~4段

といったところです。ですから、とりあえず現時点では3段かなと。もう少し具体的に言うなら3段弱かなと思っています。

『東洋囲碁』と『野狐囲碁』はパソコンとインターネット環境さえあれば無料で対局できるサイトです。日本人だけでなく中国人、韓国人、アメリカ人やヨーロッパ人など、世界中の方々が打ちに来ています。興味のある方は登録を行ってネット対局に挑戦してみましょう。

天頂の囲碁7のレーティング対局の結果

とりあえず東洋囲碁3段という事で、試しに天頂の囲碁7では『2段』に登録しレーティング対局を行ってみました。その結果がこれです。

も~、ウソやろってくらいボロボロにやられました。とにかく、ちょっとでも隙があったら一気に潰されるって感じです。よく見えてるな~と感心する読みの深さだと思いましたね。正直、もう少し設定が緩いと思っていましたので、予想以上に強くて愕然としました。

そこで気持ちを入れ替えて気張って挑戦してみました。

何とか勝てるようになってきましたが、それでもきついです。2段相手でも勝ち切れません。初段に勝つのがやっとといった感じでしょうか。純粋にうまいと思います。3段が相手だと冷静にさばかれているって感じで、現時点では攻略できそうにありません。

そして、最新の結果がこんな感じ。

・3段・・・0勝3敗
・2段・・・1勝5敗
・初段・・・4勝2敗
・1級・・・2勝2敗

もう少し打ち進めれば変わってくるかもしれませんが、現時点での私の棋力は『天頂の囲碁7では初段』であると認めざるを得ません。

スポンサーリンク

あとがき

とりあえず、2017年12月時点での私の棋力をまとめますとこうなります。

・天頂の囲碁7:初段
・東洋囲碁  :3段
・野狐囲碁  :3段
・地元の碁会所:4段

『地元の碁会所』ってのが結構曲者でしてね、私の先生は地元では11段なんですよ。皆弱いから、強制的に先生だけあり得ない段位にさせられています。こちらの先生は日本棋院(有限の間)では7段です。私は2~3段くらいでしょうね。何が言いたいのかと言いますと、地元の碁会所の段位はまったく当てにならないという事です。

個人的には『東洋囲碁』と『野狐囲碁』を推進しています。こちらは世界中の人が打っているサイトなので棋力としてとても信頼できます。日本全国だけでなく、世界でも認められる棋力ですよ。しかも、無料で対局を楽しめるってのがいいですよね。ぜひ挑戦してみてください。

とりあえず、現時点での『天頂の囲碁7』の評価は『ネット碁よりも2つ厳しい』って感じでしょうか。あくまで私の経験に基づく低段の世界での話です。『級』や『高段』になってくると少し違うかもしれません。参考程度に。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク