ブログ主が保有している囲碁AIは

天頂の囲碁7(価格1万円ほど)
銀星囲碁18(価格1万円ほど)
Leela(無料入手可能)

の3つとなります。この全てに『レーティング対局』といういものがあります。これは自分の棋力を調べる機能の事です。この3つのレーティング対局を行いましたが・・・・・どれも鬼設定だと言わざるを得ません。

ここでは、私の実力を元に、市販の囲碁ソフトのレーティング対局に関する評価と感想を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

【結論】レーティング対局の設定は厳しすぎる

とりあえず、私の各場所での棋力をまとめてみようと思います。

対局場所・ソフト 棋力
東洋囲碁 3段
野狐囲碁 3段
ハンゲーム囲碁 2段
KGS 1級
天頂の囲碁7 1級
銀星囲碁18 7~8級
Leela 3~8級

東洋囲碁、野狐囲碁、ハンゲーム囲碁、KGSというのは『ネット囲碁対局』の場所の事です。インターネットでは無料で囲碁を楽しめる場所が色々とあります。KGSとハンゲーム囲碁ではほとんど打っていない為、データは古く信頼性が低いです。使い勝手が良く、一番お勧めなのは『野狐囲碁』という対局サイトになりますね。

話を元に戻します。

ネット囲碁では2~3段程度の結果を残していますが、囲碁AIの天頂の囲碁7や銀星囲碁18、Leelaなどになってくると、散々な結果です。初段以上になるのも困難です。鬼設定だと思います。

スポンサーリンク

ブログ主の棋力

前もって語っている通り、ブログ主である私(ムスイ)の棋力は2018年2月時点でネット囲碁の3段程度となります。

◆東洋囲碁では3段

◆野狐囲碁でも3段

2017年度の棋力変動は

・野狐囲碁3~4段
・東洋囲碁2~3段

といったところです。ですから、とりあえず現時点では3段かなと。もう少し具体的に言うなら3段弱かなと思っています。

『野狐囲碁』と『東洋囲碁』はパソコンとインターネット環境さえあれば無料で対局できるサイトです。日本人だけでなく中国人、韓国人、アメリカ人やヨーロッパ人など、世界中の方々が打ちに来ています。興味のある方はぜひ登録を行ってネット対局に挑戦してみましょう。

他のネット囲碁対局場として『ハンゲーム囲碁』や『KGS』というサイトもあります。しかし、人数も少ないですし、対局するための環境も良いとは言い難いところがあります。野狐囲碁と東洋囲碁で十分です。あえて一つだけお勧めするとするなら野狐囲碁が一番お勧めです。

天頂の囲碁7のレーティング対局

とりあえず東洋囲碁3段という事で、試しに天頂の囲碁7では『2段』に登録しレーティング対局を行ってみました。その結果がこれです。

も~、ウソやろってくらいボロボロにやられました。とにかく、ちょっとでも隙があったら一気に潰されるって感じです。よく見えてるな~と感心する読みの深さだと思いましたね。正直、もう少し設定が緩いと思っていましたので、予想以上に強くて愕然としました。

そこで気持ちを入れ替えて気張って挑戦してみました。

何とか勝てるようになってきましたが、それでもきついです。2段相手でも勝ち切れません。初段に勝つのがやっとといった感じでしょうか。純粋にうまいと思います。3段が相手だと冷静にさばかれているって感じで、現時点では攻略できそうにありません。

そして、最新の結果がこんな感じ。

1級辺りで落ち着いてきたかなという感じです。もともと天頂の囲碁7は『KGS』で棋力の調整を行っていたという噂ですから、ま~こんなところかなと。

天頂の囲碁7は、何と言いますか『人間味がある』って感じです。人間と打っているのと大差ないくらいの感覚なんですよ。若干『手加減モードが入ってるのかな』って気がするときもありますが、そこまで言ってしまうと贅沢かもしれません。

なかなか悪くない囲碁AIだと思いますよ。

スポンサーリンク

銀星囲碁18のレーティング対局の結果

銀星囲碁は一言で言いますと『強い』です。まさに感情の無いコンピュータのように強いです。まさに血も涙もないコンピュータなのではないかなと思えるほどに強いんですよ。ま~、コンピュータなんですけどね。

銀星囲碁18では『初段』くらいで対局を開始しました。負け、負け、負け、負け・・・・・・・永遠に負け続けました。勝てません。勝てる気がしません。

とにかく布石が上手いんです。序盤から負けているなということは感覚的にわかります。そして、巻き返そうにも巻き返せるチャンスがありません。それどころか、細かいところは良く見えているようで、逆転どころか、さらにボコボコにされます。4級でも5級でも勝てる可能性を感じないほどです。

そして、6級、7級、8級まで落ちてやっと勝ち負けが五分になってきました。

銀星囲碁の運営は、レーティング対局の設定に関しては真面目に取り組んでいないと思います。私の囲碁の棋力は、全囲碁打ちの中でも平均以上はあると思います。そんな私が7~8級まで落とされるという事は、全囲碁打ちの大半は『最低棋力の10級』でも勝てないということなんですよ。正直、高段者でなければ楽しめないと思います。

銀星囲碁のレーティング対局には何も期待しない方が良いです。

Leelaのレーティング対局

Leelaというのはインターネット上で無料入手できる囲碁AIです。無料で囲碁が打てて、しかも有料の囲碁AIに匹敵するほどの強さを持ちます。知らない方はぜひダウンロードしてご自分のパソコンで挑戦してみましょう。

◆Leelaの入手方法
http://netdays365.com/archives/1818

◆Leelaの使い方
http://netdays365.com/archives/3614

で、肝心のレーティング対局の感想ですが・・・・・、かなり絶望的だと言わざるを得ません。何が絶望的なのかといいますと『19路対局』ができないのです。

Leelaのレーティング対局は30級からがスタートです。何と9路対局の置き碁から始まります。勝ち進めれば置き碁が減り、13路に移行します。13路で勝ち進めれば19路になり、上を目指していくという方式です。

しかし、この13路が厄介。勝てません。なかなか勝ち切れません。

私は最高3級になったことがあります。しかし、19路対局になるには2級か1級にならなければいけません。そこまで行けないので、ずっと13路対局です。まさに13路対局の無限ループにはまってしまいました。私が勝てないくらいですから、囲碁打ちの大半も勝てないと思いますよ。

Leelaは9路、13路、19路の置き碁対局で棋力を表現していますが、この方式はちょっと問題があると思います。Leelaのレーティング対局も楽しめる内容とはいいがたいでしょうね。中段以上の人でなければレーティング対局で19路対局まで勝ち上がるのは難しいと思います。

それ以外は、無料だとは思えない素晴らしい囲碁AIだと思います。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク