『ワールド碁チャンピオンシップ2018』は日本、中国、韓国、台湾のトップ棋士たちが対局を行う国際大会です。2018年は第2回大会となります。

日本代表を決める予選は1月22日から始まります。本大会は2018年3月17日(土)〜19日(月)に開催されます。

スポンサーリンク

日本代表予選

中国、韓国、台湾の代表は『各国ランキング1位』が参加することになっていますが、日本の代表は井山9段を除いたランキング2~5位の4人が予選を戦って決定することになっています。

棋士 準決勝 決勝
本木八段 山下 山下
山下九段
河野九段 一力
一力八段

日本予選は山下九段が勝利し、日本代表に決定しました!

決勝『一力八段VS山下九段』

対局日 : 2月19日(月)

白番  : 一力 遼(八段)
黒番  : 山下敬吾(九段)

対局結果: 山下九段(黒)の中押し勝ち!

準決勝『本木八段VS山下九段』

対局日 : 2月5日(月)

白番  : 本木克弥(八段)
黒番  : 山下敬吾(九段)

対局結果: 山下九段(黒)の中押し勝ち!

準決勝『河野九段VS一力八段』

対局日 : 1月22日(月)

白番  : 河野 臨(九段)
黒番  : 一力 遼(八段)

対局結果: 一力八段(黒)の中押し勝ち!

スポンサーリンク

大会日程と詳細

・日程  : 2018年3月17日(土)〜19日(月)
・日本予選: 1月22日、2月5日、2月19日の3日
・棋戦名称: ワールド碁チャンピオンシップ
・優勝賞金: 2000万円
・持ち時間: 3時間
・秒読み : 1分
・コミ  : 6目半
・創設年 : 2017年

◆ワールド碁チャンピオンシップ公式サイト
http://worldgochampionship.net/

大会概要

第1回大会は『日本代表、中国代表、韓国代表、DeepZenGo』の4人による総当たり戦でした。今回の第2回大会はそれと変わって、参加するのは6人となります。

【シード】(韓国)パク・ジョンファン9段(前回大会優勝者)
【シード】(日本)井山裕太9段(開催国特別枠?)
(中国)カケツ9段(中国ランキング1位)
(韓国)シン・ジンソ8段(韓国ランキング2位)
(台湾)オウ・ゲンキン8段(台湾ランキング1位)
・(日本)ランキング上位4名による予選の勝者

パクジョンファン9段と井山裕太9段はシード参加となります。中国、韓国、台湾はランキング1位が参加することになっています。韓国ランキング2位のシン・ジンソ8段が参加するのは、パクジョンファン9段がランキング1位だからです。

どうやら日本代表だけ『予選』が存在するみたいですね。予選は1月22日、2月5日、2月19日に行われます。

ネットで生中継視聴する方法

おろらく『ニコニコ動画』で生中継してくれると思います。昨年の第1回大会も生中継してくれましたからね。もちろん無料会員登録で視聴することができますよ。

ただし、混雑してくると回線切れが発生します。入り直せばいいだけなのですが、そういったことが面倒だと感じるなら有料会員登録をするのも一つの手です。有料会員は毎月500円ほどとなります。

◆ニコニコ動画『囲碁』
http://ch.nicovideo.jp/igo

ワールド碁チャンピオンシップ2017の内容

昨年の第1回大会はの参加者は

・(日本)井山裕太9段
・(中国)ミ・イクテイ9段
・(韓国)パクジョンファン9段
・日本の囲碁AI『Deep Zen Go』

の4人でした。今回はDeep Zen Goは参加しませんでしたね。さすがにもう人間では勝てないくらいに強くなっているという判断なのかもしれません。詳しいことは別記事にてまとめていますので参考にしてください。

◆ワールド碁チャンピオンシップ2017
http://netdays365.com/archives/1393

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク