◆2020年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2019年◆(日程
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2018年◆(日程
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2017年◆(日程
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2016年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦

2019年度の名人戦は、挑戦者の芝野八段が『負、勝、勝、勝、勝』でタイトルを獲得。芝野八段は十代で史上初の七大タイトルを獲得するという快挙を成し遂げました。おめでとうございます!

スポンサーリンク

第5局目

対局日 : 2019年10月7日(月)8日(火)
対局場 : 静岡県熱海市「あたみ石亭」
持ち時間: 8時間

白番  : 芝野虎丸(八段)
黒番  : 張栩(名人)

◆タイトル戦日程表◆
http://netdays365.com/archives/4326

◆動画生中継や棋譜の視聴方法まとめ◆
http://netdays365.com/archives/4299

対局結果: 白番、芝野八段の中押し勝ち

芝野八段が勝利し、4勝1敗で名人を獲得しました。19歳で七大タイトルを獲得したのは史上初の快挙だそうです。芝野八段、おめでとうございます!!

230手前後あたりで黒の勝利が90%くらいになっています。どういうことなんでしょうかね~? 私にはよくわかりません。動画解説の方に注目してみましょう。

令和元年に誕生した十代の名人です。今後が楽しみですね~。

◆名人戦第5局:動画解説◆
・日本棋院:(5局1日目
)(2日目)
・毎日囲碁:(1日目)(2日目)
・rido channerl:(1日目)(2日目)
・河野臨九段:(1日昼食)(封じ手)(2日昼食)(15時)(総括)

第4局目

対局日 : 2019年9月25日(水)26日(木)
対局場 : 兵庫県宝塚市「宝塚ホテル」
持ち時間: 8時間

白番  : 張栩(名人)
黒番  : 芝野虎丸(八段)

対局結果: 黒番、芝野八段の中押し勝ち

第4局目、芝野八段の勝利となり、これで3勝1敗です。これは芝野八段、名人を取っちゃうかもしれませんね~。

私がいつも載せている最強の囲碁Zeroによるグラフでは、今回の名人戦第4局目はこのようになるのですが・・・・・・・

Leela Zeroを導入しているZBadukというサイトではこのように評価されています。つまり5~60手辺りからもうほとんど芝野八段のペースだったという評価だったようです。

最強の囲碁よりも評価としてはこちらの方が正しいのかもしれません。今後はZBadukを使って行ってみようと思います。

ZBadukは手軽にLeela Zeroの能力を試せるサイトです。皆さんもぜひご活用ください。

◆ZBudakの解説
http://netdays365.com/archives/5490

◆名人戦第4局:動画解説◆
・日本棋院:(4局1日目
)(2日目
・毎日囲碁:(1日目)(2日目
・rido channerl:(1日目)(2日目
・村川大介十段:(1日昼食)(封じ手)(2日昼食)(総括

第3局目

対局日 : 2019年9月17日(火)18日(水)
対局場 : 岐阜県岐阜市「岐阜グランドホテル」
持ち時間: 8時間

白番  : 芝野虎丸(八段)
黒番  : 張栩(名人)

対局結果: 白番、芝野八段の中押し勝ち

名人戦第3局目は芝野八段の勝利。これで芝野八段の2勝1敗となりました。ちょっと確認してみましたが、このまま芝野八段が名人を獲得したら『史上初の10代で七大タイトル獲得』になるのではないでしょうか。これはまた凄い。

内容としては全体的に黒有利で進んでいたものの、最後はコウ争いで逆転したって感じなんでしょうね。

◆名人戦第3局:動画解説◆
・日本棋院:(3局1日目
)(2日目
・毎日囲碁:(1日目)(2日目
・rido channerl:(1日目)(2日目)(絶芸
・伊田篤史八段:(1日昼食)(伊田万波夫婦)(2日昼食)(総括

第2局目

対局日 : 2019年9月10日(火)11日(水)
対局場 : 台湾・台北市 「シャングリ・ラ ファーイースタン プラザホテル台北」
持ち時間: 8時間

白番  : 張栩(名人)
黒番  : 芝野虎丸(八段)

対局結果: 黒番、芝野八段の中押し勝ち

名人戦第2局目は芝野八段が勝利しました。張栩名人、地元の台湾で1勝したかったでしょうに。残念でした。

全体的に白の張栩名人が押していたと思います。しかし、芝野八段がうまく打ちましたね。最後は黒が10目くらい良かったと思いますよ。

◆名人戦第2局:動画解説◆
・日本棋院:(2局1日目
)(2日目
黒嘉嘉七段へのインタビュー
・毎日囲碁:(1日目)(2日目
・rido channerl:(1日目)(2日目
・Kuroの碁:(1日目)(2日目
・平田智也七段:(2日昼食)(総括

第1局目

対局日 : 2019年8月27日(火)28日(水)
対局場 : 東京都文京区「ホテル椿山荘東京」
持ち時間: 8時間

白番  : 芝野虎丸(八段)
黒番  : 張栩(名人)

対局結果: 黒番、張栩名人の6目半勝ち

名人戦第1局目は張栩名人の勝利。張栩名人は第2局目の対局場が『台湾』であるため、胸を張って地元台湾に渡れますね~。

前半は白の方が良かったようですが、後半から黒良しに変わってきています。

◆名人戦第1局:動画解説◆
・日本棋院:(1局1日目
)(2日目
・毎日囲碁:(1日目)(2日目
・rido channerl:(1日目)(2日目
・Kuroの碁:(1日目)(2日目

名人戦の日程、賞金など

第1局 8月27日(火)
・28日(水)
東京都文京区
「ホテル椿山荘東京」
第2局 9月10日(火)
・11日(水)
台湾・台北市
「シャングリ・ラ ファーイースタン プラザホテル台北」
第3局 9月17日(火)
・18日(水)
岐阜県岐阜市
「岐阜グランドホテル」
第4局 9月25日(水)
・26日(木)
兵庫県宝塚市
「宝塚ホテル」
第5局 10月7日(月)
・8日(火)
静岡県熱海市
「あたみ石亭」
第6局 10月17日(木)
・18日(金)
静岡県河津町
「今井荘」
第7局 11月12日(火)
・13日(水)
山梨県甲府市
「常磐ホテル」

主催   : 朝日新聞
賞金   : 3100万円
挑戦手合い: 7番勝負
持ち時間 : 8時間、秒読み10分
創設年  : 1974年

スポンサーリンク

名人戦『リーグ戦』

棋士名 12








成績
井山棋聖
六浦

鈴木

芝野


村川

山下


河野

羽根
5-3:3位
芝野七段
河野

村川

井山


羽根

六浦


山下

鈴木
6-2挑戦権
山下九段


羽根

鈴木

六浦

井山

村川

芝野

河野
4-4:5位
河野九段
芝野

六浦

鈴木

村川



羽根

井山

山下
6-2:2位
羽根九段


山下

六浦

芝野

村川

河野

鈴木

井山
5-3:4位
村川八段
鈴木

芝野

六浦

河野

井山

羽根

山下


3-5:6位
鈴木七段
村川

井山

河野

山下



六浦

羽根

芝野
2-6:陥落
孫 七段
山下

羽根


芝野

鈴木

河野

井山

六浦

河野
2-6:陥落
六浦七段
井山

河野

村川

羽根

山下

芝野

鈴木


3-5:陥落

◆プレーオフ◆

6勝2敗ということで、芝野七段と河野九段のプレーオフが8月8日に行われました。結果は『芝野七段の半目勝ち』です。芝野七段はこれでタイトル戦に初挑戦です。やっとここまで来てくれましたね~。なお、『三大タイトル戦の挑戦権を獲得』ということで、芝野七段は『八段』に昇格することになります。

◆8月の結果◆

『河野九段』と『芝野七段』が勝利しお互い6勝2敗。8月8日(木)にプレーオフが行われることになりました。これはやはり芝野七段のタイトル戦初挑戦を期待したいところです。

そして、鈴木七段、孫七段、六浦七段の3人がリーグから陥落となりました。

◆7月の結果◆

5-2・・・井山4冠、河野九段、芝野七段

もつれてきましたね~。ここ1年ずっと調子が悪かった井山4冠が急に調子を取り戻してきたようにも感じられます。個人的には井山4冠の可能性が一番高いと思いますが、そろそろ芝野七段に挑戦権を獲得していただきたいという想いもあります。

◆6月の結果◆

5-1・・・河野九段
4-2・・・井山4冠、芝野七段、山下九段

面白い具合にもつれてきましたよ。次回、7月は『井山4冠VS河野九段』と『山下九段VS芝野七段』の頂上決戦です。

◆5月の結果◆

全勝だった河野九段が初黒星です。孫七段、大金星ですね。

4-1・・・河野
4-2・・・芝野
3-2・・・井山、山下、羽根

この5人に絞られてきました。河野九段も羽根、井山、山下の3人が待ち構えていますのでそんなに楽ではありません。

◆4月の結果◆

4勝の河野九段を、3勝1敗の山下九段と羽根九段が追いかける形です。これからこの3人は井山4冠と当たることになります。調子の悪い井山ですが、この状況から巻き返せるかな? 芝野七段は痛い2敗目。もう負けられません。

◆3月の結果◆

結構みなさん、まんべんなく負けてますね。現時点では『4戦全勝の河野九段』と『3勝1敗の芝野七段』が有力ですが、まだまだわかりません。

◆2月の結果◆

井山5冠、2連敗で1勝2敗です。どこかのインタビューで『名人戦、王座戦、天元戦と忙しかったから・・・』と不調の原因を語っていたように思いますが、いまだに不調が続いているところを見るとそれだけではないように思えます。スランプ状況ではないかなと思えるんですよね~。

現在全勝なのは河野九段のみ。完全にもつれた闘いとなっています。誰が挑戦権を獲得するか、まだまだわかりません。

◆1月の結果◆

井山5冠、ここで負けますか。鈴木七段は初の名人戦リーグ入りで勢いがあるとは思いますが初戦を落としています。井山が負ける相手だとは思えないんですけどね~。まだまだ不調地獄は続くのか!? 名人リーグ戦はまだ勝てば大丈夫ですが、碁聖のトーナメントは一度でも負けたら終わりです。今年の井山、『7冠復帰』は難しいかもしれませんね。

白番: 井山裕太(5冠)
黒番: 鈴木伸二(七段)

結果: 黒、鈴木七段の3目半勝ち

◆12月の結果◆

井山5冠が名人戦のリーグ戦に登場です。リーグ戦は『総当たり戦』です。負けたら終わりのトーナメントに比べると井山にとっては楽かもしれませんね。最近、調子悪くてボロボロ負けてますから。

お、19歳の六浦七段が上がってきていますね。初戦負けですか。芝虎君も負けています。若手はなかなか厳しいスタートとなりました。

スポンサーリンク

Leela (1)無料入手方法(2)検討、レーティング対局(3)『野狐囲碁』の棋譜を検討(4)『東洋囲碁』の棋譜を検討
Lizzie (1)無料入手方法(2)使い方・操作方法(3)野狐囲碁の棋譜を検討(4)東洋囲碁の棋譜を検討(5)Lizzieができない
野狐囲碁 (1)基本的な操作方法(2)絶芸の検討機能(3)プロ棋士の棋譜(4)ツイッターで棋譜紹介(5)Lizzieで検討(6)Leelaで検討(7)アラシを運営に通報
東洋囲碁 (1)無料ポイント補充方法(2)棋譜をsgfに(3)フリーソフトで棋譜をsgfに(4)Lizzieで検討(5)Leelaで検討