◆2020年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2019年◆(日程
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2018年◆(日程
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2017年◆(日程
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2016年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦

2018年度の天元戦は井山天元が3勝2敗でタイトルを防衛いたしました。

スポンサーリンク

第5局目

対局日 : 12月19日(水)
対局場 : 徳島県徳島市「徳島グランヴィリオホテル」
持ち時間: 3時間

白番  : 井山裕太(天元)
黒番  : 山下敬吾(九段)

◆動画生中継や棋譜の視聴方法まとめ◆
http://netdays365.com/archives/4299

◆タイトル戦日程◆
http://netdays365.com/archives/3363

対局結果: 白、井山天元の中押し勝ち

第5局目は井山天元が勝利し、3勝2敗で井山天元がタイトルを防衛しました。

今年最後のタイトル戦はスッキリと勝利しましたね、井山は。スランプから抜け出せたかな? 今後は井山が『碁聖』と『名人』のタイトルの挑戦権を獲得できるのかということも気になってきます。名人のリーグ戦は総当たり戦なので行けると思うのですが、碁聖は負けたら終わりのトーナメント戦です。ずっと調子が悪かった井山には難しいのではと思えますが、さてさて・・・・・!?

来年は1月10日(木)から棋聖戦が始まります。そして、1月9日(水)からサッカーのアジアカップも始まります。どっちも楽しみです。ではでは皆さん、良いお年を~ノ

【動画】囲碁インストラクター『金子賢』

天元戦第5局目

第4局目

対局日 : 12月10日(月)
対局場 : 兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」
持ち時間: 3時間

白番  : 山下敬吾(九段)
黒番  : 井山裕太(天元)

対局結果: 白、山下九段の2.5目勝ち

第4局目は山下九段が勝利。これで天元戦はお互い2勝2敗。王座戦に続いて天元戦も最終戦の5局目までもつれ込みました。

しかし井山、調子が悪いですね~。

本因坊:✕〇〇〇〇
碁聖戦:✕✕✕
名人戦:〇〇✕〇✕✕✕
王座戦:✕〇〇✕
天元戦:〇✕〇✕

碁聖戦で崩れた後、名人戦で立て直したかな~と思ったら、ずるずる負けて名人まで落としてしまい、さらに王座、天元まで陥落しそうです。一体井山に何が起こっているのか!?

注目の王座戦と天元戦の最終対局は13日(木)と19日(水)です。

【動画】囲碁インストラクター『金子賢』

天元戦第4局目

第3局目

対局日 : 11月23日(金)
対局場 : 佐賀県鹿島市「祐徳稲荷神社」
持ち時間: 3時間

白番  : 井山裕太(天元)
黒番  : 山下敬吾(九段)

対局結果: 白、井山天元の中押し勝ち

天元戦第3局目は井山天元の中押し勝ちとなりました。これで井山天元の3戦2勝1敗で防衛に王手です。

先日、囲碁ソフト『最強の囲碁Zero』を購入しました。そのうちレビューでも書こうかなと思ってます。このソフトで今回の対局を調査したところ・・・・・

このようなグラフとなりました。序盤は黒が6~7目程度勝っていると判断でしたが『黒39手目』が疑問手だったようで白良しに変わっていきました。最終的には50目ほど白が良いと判断されてましたね。ま~中央の黒がとられてしまっているわけですから山下九段、どうしようもありません。井山、調子を戻してきましたね。

次回のタイトル戦は一週間後となります。

【動画】囲碁インストラクター『金子賢』

天元戦第3局目

第2局目

対局日 : 10月29日(月)
対局場 : 北海道標津郡中標津町「トーヨーグランドホテル」
持ち時間: 3時間

白番  : 山下敬吾(九段)
黒番  : 井山裕太(6冠)

対局結果: 白、山下九段の半目勝ち

天元戦第2局目は山下九段が半目勝ちで勝利し、これでお互い1勝1敗の五部となりました。井山、調子悪いですね~。これでタイトル戦(名人戦6局目、王座戦1局目、天元戦2局目)3連敗ですよ。7冠をとって以降、ここまで負けが込んでいる井山は初めてです。3日後の名人戦第7局目は持ちこらえることができるか!?

【動画】囲碁インストラクター『金子賢』

天元戦第2局目

第1局目

対局日 : 10月19日(金)
対局場 : 福井県あわら市「あわら温泉 まつや千千」
持ち時間: 3時間

白番  : 井山裕太(6冠)
黒番  : 山下敬吾(九段)

対局結果: 白、井山6冠の中押し勝ち

天元戦第1局目は井山6冠の勝利となりました。『中央の白が死んでる』と思ってたのですが、どうやら黒先でも殺せなかったようです。左辺で渡れるってのはわかりましたが、もう一つの方法は何があったんでしょうね? マルつけている辺りで手があるのかな~と思ってますが、私ではハッキリとはわかりません。囲碁は奥が深い。

今月はまだまだタイトル戦が目白押しです。日程にご注意くださいノ

◆日程◆
・名人戦第6局:22日(月)23日(火)
・王座戦第1局:26日(金)
・天元戦第2局:29日(月)

【動画】囲碁インストラクター『金子賢』

天元戦第1局目

天元戦の日程、賞金など

第1局 10月19日(金) 福井県あわら市
「あわら温泉 まつや千千」
第2局 10月29日(月) 北海道標津郡中標津町
「トーヨーグランドホテル」
第3局 11月23日(金) 佐賀県鹿島市
「祐徳稲荷神社」
第4局 12月10日(月) 兵庫県洲本市
「ホテルニューアワジ」
第5局 12月19日(水) 徳島県徳島市
「徳島グランヴィリオホテル」

主催  : 新聞三社連合
賞金  : 1300万円
挑戦手合: 5番勝負
持ち時間: 3時間、秒読み5分
創設年 : 1974年

スポンサーリンク

天元戦『本戦』

棋士 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝 決勝
今村 高尾 彦坂 河野 山下 山下
高尾
彦坂 彦坂
鈴木
秋山 秋山 河野
坂井
安斎 河野
河野
鈴木 鈴木 鈴木 山下
羽根 羽根
山田
山下 山下 山下
大場
志田 志田
結城
チクン 佐藤 六浦
佐藤
小林 六浦
六浦
湯川
内田 内田
伊田
平田 平田 平田 平田
苑田 一力
一力
岡田 芝野 芝野
芝野
常石
大竹

挑戦権は『山下九段』に決定!

許、残念ながら挑戦権獲得にはなりませんでした。やはり負けたら終わりのトーナメントは大変です。許に3連敗の井山はホッとしたかもしれませんね(笑。挑戦者は山下九段。平成四天王たちはまだまだ強いですね~。

ベスト2

決勝まで勝ち残ったのは山下九段と許碁聖です。許碁聖は碁聖戦で井山に3連勝しタイトルを奪いましたので勢いがあります。もしかしたら井山の攻略パターンを理解しているのかも!? 果たして挑戦権を獲得するのはどちらになるのか!?

ベスト4

前回予想した4人のうち3人当たりました(笑。芝虎くん、勝ち上がれず残念です。平田七段ですか。平成6年生まれの24歳。平成27年に名人戦リーグ入りを果たしています。まだまだ若いですし、今後が楽しみです。

碁聖戦で井山7冠に2連勝中の許も上がってきましたよ。許、破竹の勢いです。

2回戦

彦坂直人九段』は56歳の大ベテランで20年前の1998年に十段のタイトルを獲得しているようです。『鈴木伸二七段』は28歳でまだ挑戦権やリーグ戦の経験も無いようです。ここは頑張りどころですね。

ベスト4に勝ち上がってくるのは、河野、山下、許、芝野の4人ではないかなと予想してみます。

1回戦

最近、タイトル戦の『本戦』でちょこちょこと女流棋士の名前を見かけることが増えてきたように思えます。今回の天元戦では『鈴木歩七段』です。1回戦負けとは言え、近頃の女優は勢いがあるように感じます。

伊田八段、1回戦負けです。本因坊のリーグ戦で頑張っているのですが、なかなか勝ち切れない御様子。若手のエースとして頑張っていただきたいのですが・・・・・。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク