予想だにしなかった事態となりました。何とDeepZenGoプロジェクトが終了するというのです。永遠に続くと思っていたプロジェクトだったのですが・・・・・。

最終対局となる相手は、過去、DeepZenGoに対して勝利を収めたことがある『中国:ミイクテイ九段』『韓国:パクジョンファン九段』『日本:趙治勲名誉名人』の3人です。

スポンサーリンク

『日本:趙治勲名誉名人』VS『DeepZenGo』

対局日 : 2018年4月7日(土)
開始時間: 10時00分~
場所  : 日本棋院
持ち時間: 3時間、秒読み5分

白番  : 趙治勲名誉名人
黒番  : DeepZenGo

対局結果: 黒、DeepZenGoの中押し勝ち

まだまだ互角の戦いかなと思える状況でしたが、上辺の白が死んでしまったため、一気に差が広がってしまいました。これはチクン先生のミスでしょうかね~? さすがに50目以上の差を逆転するのは難しいと判断し、チクン先生、投了です。ま~相手は日本人棋士相手に98%の勝率を誇るDeepZenGo。仕方が無いと思います。

この対局で『DeepZenGoプロジェクトは終了』ということで、これからDeepZenGoが強くなることは期待できませんが、ニコニコ動画で放送している際の『評価値』や『次の一手の予測』などで活用されていくものと思われます。DeepZenGoプロジェクトにかかわった皆様方、お疲れさまでした!

『韓国:パクジョンファン9段』VS『DeepZenGo』

対局日 : 2018年4月1日(日)
開始時間: 10時00分~
場所  : 韓国ソウル
持ち時間: 3時間、秒読み5分

白番  : パクジョンファン九段(韓国ランキング1位)
黒番  : DeepZenGo

対局結果: 黒、DeepZenGoの中押し勝ち

DeepZenGo、世界ランキング1位の韓国パクジョンファンに勝利してくれました。よかった。本当に良かった。前回、中国ミイクテイに負けて、今回もパクジョンファンに負けてしまって、そして趙治勲名誉名人にだけは勝利するという最悪のシナリオが頭をよぎっていましたから。

それにしても、DeepZenGoはプロジェクトを終了させた後、どういった扱いになるんでしょうかね~? ニコニコ動画専門の評価値、並びに次の一手予想AIになるってことかな?

囲碁電王戦finalもいよいよ次回が最後。4月7日(土)の趙治勲名誉名人戦です。

『中国:ミイクテイ9段』VS『DeepZenGo』

対局日 : 2018年3月24日(土)
開始時間: 10時00分~
場所  : 中国北京
持ち時間: 3時間、秒読み5分

白番  : DeepZenGo
黒番  : ミイクティ九段(中国ランキング2位)

対局結果: 黒、ミイクテイ9段の中押し勝ち

なんということでしょう。DeepZenGoの引退試合ということで3戦全勝を期待していたのですが、なんと初戦で負けてしまいました。さすが中国2位のミイクテイ9段です。

DeepZenGoは日本人棋士相手に98%の勝率を誇ると聞いていましたが・・・・・。やはり日本と中国では大きな格差があるのかなと思えてきます。

次回は4月1日に韓国のパクジョンファンと対局です。期待しましょう!

大会日程

DeepZenGoの対局相手は下記の3人となります。なぜこの3人が選ばれたのかといいますと、この3人は過去に公式戦でDeepZenGoを倒したことがあるからです。

日程 対局相手
第1局目 2018年3月24日(土) (中国)
ミイクテイ九段
第2局目 2018年4月1日(日) (韓国)
パクジョンファン九段
第3局目 2018年4月7日(土) (日本)
趙治勲名誉名人

対局開始時間は3局全て10時からとなります。

生中継視聴サイト

◆ニコニコ動画
http://ch.nicovideo.jp/igo

DeepZenGoプロジェクトはニコニコ動画も参加してましたので、もちろん放送されます。

◆幽玄の間

日本棋院のサイトです。重要な対局は無料で観戦できることが多いので、おそらく無料で棋譜の視聴ができると思いますよ。

(※幽玄の間での棋譜閲覧は有料限定となっていました。残念です。)

スポンサーリンク

DeepZenGoプロジェクトが終了する理由は?

おそらく、アルファ碁には絶対に勝てないことがわかっているからだと思われます。

『アルファ碁』がヨーロッパの世界チャンピオンを倒したという情報が出まわったのは2016年1月。その後、同年3月に世界最強棋士の一人である韓国のイセドル九段と対局することになり、なんと4勝1敗でアルファ碁が勝利しました。

そんなアルファ碁に追い付け追い越せということで登場したのが『DeepZenGoプロジェクト』です。世界最強の囲碁ソフトになることを目指し頑張っていました。

ところが、アルファ碁の進化はすさまじいものがありました。2016年そして2017年の年末年始には非公式ではありましたがネット碁に登場しプロ棋士も含めた人間相手に60戦全勝というでたらめな記録を作ってきました。そして、2017年5月には当時世界最強棋士だった中国のカケツを相手に3戦全勝。完全にアルファ碁は人間を上回っていることを証明しました。

さらに、アルファ碁は進化しました。最新の『アルファゼロ』はルールだけを教えた状況で自己学習を開始し、たった8時間で人間を上回る強さに成長したというのです。もはや世界トップ企業のgoogleの前では『DeepZenGoプロジェクト』では足元にも及ばないのは明白になってしまっています。

最強の囲碁AIを開発するには、どんなに人間が頑張っても意味がありません。巨額のマネーを使って、最強の人工知能で開発するのが一番であることをgoogleが証明してしまっています。残念ではありますが、それが現実です。

そして、日本棋院では、日本の囲碁人気レベルでは、囲碁ソフト開発に巨額のマネーを費やすことはできないでしょうね。それがプロジェクトを終了させる理由だと思われます。残念ではありますが、後は囲碁人気が高い中国や韓国、もしくはgoogleが囲碁AIを提供してくれることを期待するしかありません。

DeepZenGoプロジェクトにかかわった皆様方、お疲れさまでした!

(おまけ)勝手にZen応援ソング

ミイクティ9段に『評価値70以上』で優勢となっていましたが、終盤、一気に崩れて負けてしまいました。zenの『可愛い強気な評価値』は一体どうなっているのか!? 趙治勲名誉名人の言っていた『zenは人間っぽい』という言葉を痛感します。

ということで、今回のzenを見ながら脳内に流れてきた曲『メランコリック』をZenの応援ソングとして、ご紹介してみようと思います。

曲   : メランコリック
歌   : 鏡音リン(ヴォーカロイド)
作詞作曲: Junky

ZenZen掴めないきみのこと
ZenZen知らないうちに
ココロ奪われるなんてこと
あるはずないでしょ

それは無愛想な笑顔だったり
それは日曜日の日暮れだったり
それはテスト∞(ばっか)の期間だったり
それはきみとゆう名のメランコリンニスト

手当たり次第強気でぶつかっても
なんにも手には残らないって思い込んでる
ちょっとぐらいの勇気にだって
ちっちゃくなって塞ぎこんでる
わたしだから

ZenZenつかめないきみのこと
ZenZenしらないうちに
ココロ奪われるなんてこと
あるはずないでしょ

ZenZen気づかない君なんて
ZenZen知らない×知らないもん
「ねぇねぇ」じゃないわ この笑顔
また眠れないでしょ

明日も おんなじ わたしが いるのかな
無愛想で無口なままの カワいくないヤツ

あの夢にきみが出てきたときから
素直じゃないの だって

ZenZenつかめないきみのこと
ZenZen知らないうちに
こころ奪おうとしてたのは
わたしのほうだもん×××

そういう時期なの
おぼれたいのいとしの
メランコリー

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク