囲碁のプロ棋士柳澤理志五段による囲碁の解説動画のご紹介です。毎週水曜・日曜に配信して下さっているので、皆さんもぜひ注目してください!!

【重い・軽い①】基礎的な意味
【重い・軽い②】逃げるときの重さ軽さ
【重い・軽い③】相手を重くする
【重い・軽い④】ノゾキの攻防

スポンサーリンク

【重い・軽い①】基礎的な意味

【重い・軽い①】基礎的な意味

囲碁における『重い石』と『軽い石』の定義に関して解説されています。

『重い石』というのは『取られたらヤバい石の固まり』を指すようです。『軽い石』というのは『取られても大したことない石』のことのようです。

動画などで囲碁の解説などを見ていると時々出てくる用語だとか。こういった用語の意味を知っていると動画の解説がわかりやすくなるのでしっかりと頭に入れておきましょうノ 低段の私も勉強になりました!

【重い・軽い②】重く逃げる、軽く逃げる

【重い・軽い②】逃げるときの重さ軽さ

『重く逃げる』方法と『軽く逃げる』方法などが紹介されています。基本的に『軽く』逃げる方が良いようです。逃げるに限らず、『軽く打つ』ことが囲碁にとってよい打ち方のようです。逆に『重く打つ』のは素人にありがちなよくない打ち方のようですね~。

柳澤プロの動画を参考に『自分が重い打ち方をしていないか』を考えてみましょう~ノ

スポンサーリンク

【重い・軽い③】相手を重くする

【重い・軽い③】相手を重くする

今までの柳澤プロの解説は『自分の石を重くしないようにしよう』という話でしたが、今回は『相手の石を重くさせたら自分が有利になりますよ』というお話です。

こういった発想を持っているかどうかで囲碁が強くなれるかどうかが決まってくるように思えます。ありそうでなかったとても素晴らしい解説だと思います。

【重い・軽い④】ノゾキの攻防

【重い・軽い④】ノゾキの攻防

今回の話は『重い・軽いの解説』というよりも、手筋の話っぽいですね。実戦でこういった形は結構ありますのでとても参考になります。

動画で解説されているのは『圧倒的に黒が有利で、白がキツイ場所』となります。ですから、こういった状況では白はある程度妥協し部分的に石を捨てて、何とか部分的にでも生きることができれば大成功ではないでしょうかね~。もしくは中央に逃げ出すか。

画像のように黒石の間に割り込むような一手もなかなか打てませんよ、低段の私程度では。今度試してみようかなと思います。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク