◆5月23日(火)『AlphaGoVSカケツ』1局目
◆5月25日(木)『AlphaGoVSカケツ』2局目
◆5月26日(金)『ペア碁』・『相談碁』
◆5月27日(土)『AlphaGoVSカケツ』3局目

中国で開催されたAlphaGoと人類最強棋士のカケツとの対局が行われた大会『The Future of Summit』。結果として、人類最強のカケツが破れるという歴史的な大会となりました。もうこれで、囲碁は人類がAI(コンピュータ)に勝つことができないことが完全に立証されてしまったってことになります。

スポンサーリンク

過去のAlphaGo(アルファ碁)の対局一覧

◆2017年◆
5月末 【AlphaGo×アルファ碁50局】1~5局6~10局11~15局16~20局21~25局26~30局31~35局36~40局41~45局46~50局
5/23~27 【中国】カケツ(1局2局3局)・相談碁・ペア碁
12/29~1/4 ※【非公式対局】・・・井山裕太(1局)・カケツ(1局2局)・パク・ジョンファン(1局2局・3局・4局)
◆2016年◆
夏ごろ AlphaGoVSアルファ碁・・・1局2局3局
3/9~3/15 【韓国】イセドル9段・・・1局2局3局4局5局
◆2015年◆
10/5~10/9 【EU】ファン・フイ(Fan Hui)・・・5戦

※【非公式対局】2016年12月29日~2017年1月4日に行われた対局はインターネット上で行われた非公式の対局となります。

AlphaGo(アルファ碁)VS柯潔(カケツ)の第3局目

対局日 : 2017年5月27日(土)
開始時間: 11時30分~
持ち時間: 3時間

白番: 柯潔(カケツ)
黒番: AlphaGo(アルファ碁)

◆対局結果: AlphaGoの中押し勝ち

スポンサーリンク

棋譜の解説動画

【解説】
・孔令文  七段
・大橋拓文 六段

『囲碁プレミアム』による大盤解説動画です。

一つの歴史が生まれました、AlphaGoの3連勝!

1勝くらいはと思っていましたが、やはりどうにもなりませんでしたね。年末年始のアルファ碁60連勝がありましたので、無理だろうな~とは思っていましたが、持ち時間が長くなればチャンスは少しはあるのかもという期待はありましたが、やっぱり一度も勝てなかったな~って心境です。

最初から負けるだろうと思ってみていたので印象は薄いですが、ある意味、囲碁で人類最強が完全敗北を喫した歴史的な日だと思います。囲碁の歴史で、後世まで語り継がれる歴史的瞬間だと思いますよ。

チクンと張栩(パート2)

第一回のニコニコ生放送で、チクン先生が張栩の話をしていましたが、今回、張栩もそのことを話していましたね。私はチクン先生が張栩のことを好きだから、ああいった話をふったんだと思っています。

チクン先生も一時代を築いた人ですからね。そして、張栩も井山も一時代を築いた人なんです。そんな似た者同士だから、色々いじってやりたいと思っているのだと思うんですね。弱い人をいじったらただの弱い者いじめですからね。強いからこそいじってやるってのが、まさにチクン先生ならではの愛ではないかな~と思えるんですよ。

そんな気さくなチクン先生だからこそ、張栩も『え! ボタン使うんですか?』なんてツッコミをしやすいのだと個人的には思いました。

ビッグマウスは『覚悟』だと思う

『ビッグマウス』と言えば一般的には『大口をたたく』って感じでしょうか。張栩がカケツのことを『ビッグマウス』と言っていましたが、個人的に、ビッグマウスはなかなか良いことだと解釈できるのではないかなと思っているんですよ。

例えば、プロになったばかりの棋士がインタビューでこのように言ったとします。

『自分は井山6冠を倒すためにプロになりました!!』
『必ず、タイトルを奪い取ります!!』

ビックマウスではありますが、こんな新人が現れたら私は称賛したいですよ。『よく言った!!』『これから囲碁界は面白くなるぞ!!』って感じなんですよね。

しかし、現代の人は、こういった大口をたたく人はいません。当たり障りのない事ばかりを言うのが当たり前になってしまっているんです。小さいんですよ。最初から小さいんです。これは『大口を叩いてはいけない』『出る杭は打たれる』という日本の風潮に問題があるのだと思うんですね。

『大口』というのは良くとらえるなら『覚悟表明』だと思うんです。世間にそのように公表してしまった以上、結果をださなければいけません。『相当な覚悟が必要』ってことなんです。それだけ自分を追い込んでいるってことなんです。考えようによっては、とても立派な事だと思えるんですね。

こんな新初段を、私は待っています。

スポンサーリンク