◆5月23日(火)『AlphaGoVSカケツ』1局目
◆5月25日(木)『AlphaGoVSカケツ』2局目
◆5月26日(金)『ペア碁』・『相談碁』
◆5月27日(土)『AlphaGoVSカケツ』3局目

『AI最強のAlphaGo(アルファ碁)』と対戦する『人類最強の中国棋院の柯潔(カケツ)』の第2戦目。

大方の予想通り、第1戦目はAlphaGoが勝利しました。第2戦目は何とかカケツに勝利してもらって面白くしてほしいのですが・・・・・さてさて、どうなるか。

スポンサーリンク

過去のAlphaGo(アルファ碁)の対局一覧

◆2017年◆
5月末 【AlphaGo×アルファ碁50局】1~5局6~10局11~15局16~20局21~25局26~30局31~35局36~40局41~45局46~50局
5/23~27 【中国】カケツ(1局2局3局)・相談碁・ペア碁
12/29~1/4 ※【非公式対局】・・・井山裕太(1局)・カケツ(1局2局)・パク・ジョンファン(1局2局・3局・4局)
◆2016年◆
夏ごろ AlphaGoVSアルファ碁・・・1局2局3局
3/9~3/15 【韓国】イセドル9段・・・1局2局3局4局5局
◆2015年◆
10/5~10/9 【EU】ファン・フイ(Fan Hui)・・・5戦

※【非公式対局】2016年12月29日~2017年1月4日に行われた対局はインターネット上で行われた非公式の対局となります。

AlphaGo(アルファ碁)VS柯潔(カケツ)の第2局目

対局日 : 2017年5月25日(木)
開始時間: 11時30分~
持ち時間: 3時間

白番: 柯潔(カケツ)
黒番: AlphaGo(アルファ碁)

◆対局結果: AlphaGoの中押し勝ち

スポンサーリンク

棋譜の解説動画

【解説】
・孔令文  七段
・大橋拓文 六段

『囲碁プレミアム』による大盤解説動画です。

本日の解説は石田芳夫24世本因坊と中島美絵子二段

本日の解説は
・解説 : 石田芳夫24世本因坊秀芳
・聞き手: 中島美絵子二段
となっています。
(ニコニコ生放送の方です)

囲碁の方では男性のプロ棋士が『解説』を行って、女性(女流棋士)が『聞き手』って感じになるようです。将棋の方がどうなっているのかはよくわかりません。

『24世本因坊秀芳』とは何か? ま~、私もあまりこの手のことは知識無いのですが、『一つのタイトルを5回防衛すると、60歳になってから「名誉本因坊」の称号を名乗ることができる』という仕組みになっているようです。石田芳夫プロは1971年~1975年の5年間タイトルの『本因坊』を防衛していますので、60歳過ぎてから『24世本因坊秀芳』を名乗っているようです。

AlphaGoはイセドル9段の時から3つ強くなっている

1年と2ヶ月前に韓国のイセドル9段とAlphaGoの対局がありました。現在のAlphaGoはその時と比べて3つほど強くなっているとのことです。カケツ9段もそのことは知っているとのこと。

イセドル戦の時点でも世界トップクラスの力があるとされていたAlphaGoですが、1年2ヶ月で3つも強くなってしまったんですね~・・・・・。囲碁ファンとしては、囲碁が一体どこまで進化していくのか興味深い所。

カケツ9段は乱戦を狙っているのか?

序盤からゴチャゴチャしてきました。カケツは乱戦を仕掛けているのかもしれませんね~。

おそらく、細かい読みでは勝てそうにないので、判断しにくい全体の『大局観』で勝負してみようという試みなのだと思われます。

下辺から崩れ始めちゃった?

AlphaGoのこの一手からだんだんカケツ9段が崩れ始めてしまったように思います。

左下は完全に死んでいるというわけではないと思いますが、この辺りでもう、かなり厳しい局面になってしまったように思えます。

右下が決定打っぽい

カケツ的にはこの時点で『もうアカン』って感じだったと思いますよ。カケツとしてもやばいことはわかっていたと思いますが、だからと言って守りの一手を入れていては、もうどうしようもないって感じだったんじゃないでしょうかね~。アマの私でも良くあります。

で、結局、全部取られてしまったという。強いな~AlphaGo。もうほとんど、圧倒的なような気がします。

終局図

終局図はこれですが、ご都合主義でこれだけ黒が地を確保できたとして・・・・・形成互角って感じでしょうか。そんなにうまくいくはずがないってことで、カケツ9段の投了となってしまったようです。

AlphaGoが初手、右下に打った理由

囲碁の世界では、初手『右上スミ』に打つのが基本であり、礼儀と言われていますよね。ですが、今回、AlphaGoは初手『右下スミ』に打ってきました。

記者会見でgoogle側が説明していましたが、どうやらAlphaGoは碁盤の方向をよく理解していなかったようです。ま~、結果的に礼儀を欠いてしまったという事で『申し訳ない』といったことをgoogle側が語っていました。

ご存知でなかった方は『初手は右上から打ち始める』ということを覚えておきましょう!

Youtubeは15~30分遅れてる?

『YouTubeの英語解説サイト』と『野狐囲碁』を比較してみると、野狐囲碁の方がだいぶ早く進行していました。時間にして15分くらい? 動画放送に関して中国側と何やら揉めているという話がネットに流れていましたし・・・・・ま~、もめごとの妥協案として15分くらい遅らして放送するという手法を使っているのかもしれません。

中国政府はいったい何に神経質になっているのやら。

googleは世界水準で『男女平等』!?

日本では『男が解説で、女が聞き手』というのが普通なのですが、世界的に見ればこれは問題があるってことなのかもしれません。google側は、『男二人で解説』と『女二人で解説』の2つのパターンを用いているようです。個人的には神経質すぎるように思えるのですが・・・・・どうなのかな?

5月24日に日程が組まれていない理由は?

当初の予定では
・5月23日(火)AlphaGoVSカケツ①
・5月24日(水)相談碁
・5月25日(木)AlphaGoVSカケツ②
・5月26日(金)ペア碁
・5月27日(土)AlphaGoVSカケツ③
となっていました。

ところが直前になって5月24日の『相談碁』が26日に移動され、26日は『相談碁』と『ペア碁』の2つが行われることになりました。

・5月23日(火)AlphaGoVSカケツ①
・5月24日(水)(空き日)
・5月25日(木)AlphaGoVSカケツ②
・5月26日(金)ペア碁・相談碁
・5月27日(土)AlphaGoVSカケツ③

なぜ、24日を空けて、26日を苦しい日程にしてしまったのか?

個人的な予想ではありますが、おそらく『日本の本因坊戦第2局目』に配慮したのだと思われます。本因坊戦第2局目は23日(火)と24日(水)に行われます。特に24日(水)は決着のつく重要な日となるわけです。この日に日程がかぶってしまうというのは、本因坊戦を主宰している毎日新聞としても日本棋院としてもあまり良い状況とは言えません。こういったことを中国側が配慮して、無理して24日を空けてくれた・・・・・という可能性は十分あり得ると思えるんですよね。

◆本因坊戦の対局、棋譜
http://netdays365.com/本因坊戦/

スポンサーリンク