韓国最強の棋士『パク・ジョンファン』VS『AlphaGo(アルファ碁)』の対局の第2局目です。

何だか今回のアルファ碁は変則的だったように思います。こんな打ち方もできるんですね~。




◆2017年◆
5月末 【AlphaGo×アルファ碁50局】1~5局6~10局11~15局16~20局21~25局26~30局31~35局36~40局41~45局46~50局
5/23~27 【中国】カケツ(1局2局3局)・相談碁・ペア碁
12/29~1/4 ※【非公式対局】・・・井山裕太(1局)・カケツ(1局2局)・パク・ジョンファン(1局2局・3局・4局)
◆2016年◆
夏ごろ AlphaGoVSアルファ碁・・・1局2局3局
3/9~3/15 【韓国】イセドル9段・・・1局2局3局4局5局
◆2015年◆
10/5~10/9 【EU】ファン・フイ(Fan Hui)・・・5戦

※【非公式対局】2016年12月29日~2017年1月4日に行われた対局はインターネット上で行われた非公式の対局となります。

『AlphaGo(アルファ碁)』VS韓国の『パク・ジョンファン』

白番: AlphaGo(アルファ碁)
黒番: パク・ジョンファン・・・韓国最強の棋士

結果: AlphaGo(アルファ碁)の150手中押し勝ち

1-13手の解説

アルファ碁が白の第2局目です。今回、黒も白も四隅をガチガチに固めてから打ち始めるという特殊対局となりました。

パクジョンファンが黒9とさらに守りで来ましたが、アルファ碁は白10と仕掛けてきます。

14-28手の解説

なんだか左上、私のようなアマチュアが何となくメチャクチャにやっているうち方っぽいような気がしなくもないです。変則的だな~と。

それでも白はそんなに悪くは無いです。

ソフトの判断では白28までで、黒の3目程度有利です。




29-68手の解説

アルファ碁、積極的に仕掛けますね~。何だか調子に乗ってガッツンガッツン行ってるな~って気がしなくもないです。

それでいて、左下、右下と守るところは守って地は確保ってところでしょうか。

しかし、ソフトの判断では黒17目有利となっています。アルファ碁的には互角以上という形成なんでしょうかね~?

69-101手の解説

右上に侵入し、内部を荒らしました。勉強になります。今度真似してみようかな。

黒のパクジョンファンは中央、下辺、左上と地を確保に行きます。

ソフトの判断としては、黒101の時点で何と白が10目程度有利です。右上隅で白に生きられてしまったのが大きいんでしょうね。打ち込みによる生きって、改めてデカいんだな~と痛感します。

102-150手の解説

そして終局図。

もう、ここからはもうアルファ碁の独壇場って感じでしょうか。差が広がる一方であるため、最後は手加減モードが炸裂したって印象です。

黒106・・・白11目有利
黒119・・・白18目有利
黒135・・・白18目有利
黒143・・・白18目有利
黒145・・・白19目有利
黒147・・・白21目有利
黒149・・・白15目有利

白150手目で、黒のパクジョンファンが投了。アルファ碁の中押し勝ちです。

左上の白2目をアルファ碁が捨てたって時点で、パクジョンファン的には屈辱でしょうね。もうこれ以上は打てないと感じたのだと思います。