【AlphaGoVSカケツ】無料視聴方法と棋譜の紹介!(5/23~27日)
 http://netdays365.com/無料視聴方法と棋譜の紹介/

アルファ碁(master)と中国の柯潔(カケツ)による第2局目です。

第1局目はアルファ碁が白でしたが、今回はアルファ碁が黒となります。




過去のAlphaGo(アルファ碁)対局一覧

◆2017年◆
5月末 【AlphaGo×アルファ碁50局】1~5局6~10局11~15局16~20局21~25局26~30局31~35局36~40局41~45局46~50局
5/23~27 【中国】カケツ(1局2局3局)・相談碁・ペア碁
12/29~1/4 ※【非公式対局】・・・井山裕太(1局)・カケツ(1局2局)・パク・ジョンファン(1局2局・3局・4局)
◆2016年◆
夏ごろ AlphaGoVSアルファ碁・・・1局2局3局
3/9~3/15 【韓国】イセドル9段・・・1局2局3局4局5局
◆2015年◆
10/5~10/9 【EU】ファン・フイ(Fan Hui)・・・5戦

※【非公式対局】2016年12月29日~2017年1月4日に行われた対局はインターネット上で行われた非公式の対局となります。

『AlphaGo(アルファ碁)』VS中国の『柯潔(カケツ)』

白番: 柯潔(カケツ)・・・・・・世界ランキング1位
黒番: AlphaGo(アルファ碁)・・・世界ランキング2位

結果: アルファ碁(master)の5目半勝ち

1-10手の解説

アルファ碁、序盤は中央の模様を重視した固い布石できましたね~。こういった布石、私も結構好きです。

11-24手の解説

黒19に対して、白20ってのは怖がりすぎじゃないかな~と思います。一間でいいと思うし。混戦になると分が悪いと考えているんでしょうかね~、カケツは。

ここまで、ソフトは左上の黒地が大きいと判断し、黒29目程度有利と判断しています。

25-43手の解説

左下、囲んできましたね。囲むと主導権を握れるので私も結構好きです。

囲んだ状況での白42の時点でソフトは黒の28目有利と判断しています。しかし、先手は黒です。

黒43は、場合によっては下の黒をやってもかまわないって判断でしょうかね。

44-66手の解説

この空中感覚は見習いたい(笑。

下辺が巨大なんですよね~、黒は。もう圧勝の流れになっているのではと思えるほどです。

この状況でもアルファ碁が30目程度有利とされています。




67-102手の解説

アルファ碁の上辺での攻撃が神がかってますね(笑。

ちょっと画像の位置が悪かったですが、白106の時点で黒が25目程度有利です。

中央の黒5目取れたのは、アルファ碁が手加減したのかな~と最初は思いましたが、確かに捨てないとちょっと厳しいですね。カケツはこういう流れになるとある程度予想した上で上辺を攻撃したのかな。

それでも、まだまだアルファ碁の圧倒的有利はかわりません。

103-140手の解説

カケツも広い空間で何とか生きれないかと模索しますが、生きるための手が生まれないようです。それでも結構ヨセていきますね。

ソフトはこの時点では黒が12目程度勝っていると判断。カケツも頑張ってヨセますね。しかし、もう10目以上ヨセる手段はもうなさそう。

最終的には黒の5.5目半勝ちとなりました。

序盤、圧倒的に有利だと思えたアルファ碁がどんどんと差を詰められてしまいました。これはどのように考えるべきなんでしょうね。アルファ碁は勝っているから無理をせずに確実に勝ちを取りに来たってことなんでしょうかね~? それとも、カケツ9段の実力と見るべきでしょうか。その点、何となくモヤモヤ感が残ってしまいます。

何にしても、世界ランキング1位のカケツ9段に対して、アルファ碁は2戦2勝となりました。

とは言っても、この対局は非公式の対局ですから、世界ランキングに影響はありません。まだ、カケツ9段が1位のままです。

そして、何よりこの対局は持ち時間が短い対局だったようですから(どれくらいあったかは知りません)人間側にとっては不利な対局だったと思われます。持ち時間が3~4時間はあるような公式での対局を楽しみに待ちますかね~。