皆さんこんにちは、ムスイの囲碁初心者講座です。

今回は『欠け眼』という偽物の眼についてお話しいたします。偽物の眼なわけですから、本当の眼ではありません。皆さんも騙されないようご注意ください。

『欠け眼』は偽物の眼です

前回『眼が2つだと生きている』というお話をしましたね。

はい、この形です。

この黒石は間違いなく生きています。

しかし、これの偽物バージョンが存在するってんだから、さ~大変。しっかりと勉強してくださいね。

これが『欠け眼』です。

普通の『眼』とどう違うのかと言いますと・・・・・・・

このように白に取られてしまうんです。

この状況を見れば『黒は眼が2つないんだな』ということがわかると思います。つまり、黒は死んでいるってことです。

『欠け眼』(パート2)

次はコチラ。

先ほどとは違う形の『欠け目』です。

このように取られてしまうので、黒の眼は1つしかありません。

これなんかはもっとヒドイ。『眼』はゼロですよ。

このように、初心者のうちは『眼が2つあるように思えたけど、実は1つが「欠け眼」だった』なんてことは結構あります。注意しておきましょう。