皆さんこんにちは、ムスイの囲碁初心者講座です。

今回は『セキ』という特殊な状況について説明いたします。『セキ』というのは『動いた方が死ぬため手が出せない』『だから、お互い生きていることにしよう』という状況です。ま~、言葉よりも、実際に見てみましょうか。

『セキ』は両方とも生きている

例えばこういった状況があったとします。

『黒3目』は白に囲まれており、『白4目』は黒に囲まれてしまっているという状況です。

どちらも『眼』がありません。では、どちらが生きていて、どちらが死んでいるのか?

先に『黒』が仕掛けました。

その結果・・・・・黒は白に殺されてしまいました。

今度は逆に『白』が仕掛けました。

その結果・・・・・白は黒に殺されてしまいました。

そうです。これは『先に動いた方が殺されてしまう形』なんですね。

ですから、この状況の場合、黒も白も手を出すことができません。

この状況を『セキ』と言います。

普通は『眼が2つ』なければ生きていることにはなりませんが、『セキ』は例外で眼が無くとも生きていることになります。

『セキ』(パート2)

これは『黒1目』で『白1目』ある形です。

やはり先に手を出した方が死んでしまうので『セキ』ということになります。

『セキ』(パート3)

白は『黒2目』を殺しに行くことができません。

そして、黒も『白8目』を殺しにいけません。

ですから、この形も『セキ』ということになります。