皆さんこんにちは、ムスイの囲碁初心者講座です。

今回は『死んでいる石』とはどういう状況なのかを勉強していこうと思います。囲碁を理解するうえで最も重要なルールですので、しっかりと理解して行って下さいね。

『眼が1つ』だと死んでいる

まずはこの画像を見てください。

黒が白に囲まれてしまっています。

黒には『眼』と呼ばれる空間が1つありますね。

この状況では、『黒は死んでいる』ことになります。なぜかと言いますと・・・・・・・

このように、真ん中に打ち込むと全て取られてしまうからです。

そのため、『眼が1つだと死んでいる』ということになります。

『眼が1つ』(パート2)

では、別バージョンも見てみましょうか。

こういう状況はどうなるのか?

この黒を殺すには・・・・・・・

白はこのように4ヶ所打たなければいけません。

しかし、実戦ではこんなことはしません。何故かというと、黒は眼が1つしかないため『打つまでもなく死んでいることは決定事項である』からです。

つまり、白は何もせずとも良く、黒はこの状況で死んでいるってことですね。