2018年2月頃から日本棋院はyoutubeにて『タイトル戦の生中継』を配信するようになりました。囲碁ファンにとってはとてもありがたい取り組みだと思います。

◆日本棋院囲碁チャンネル【公式】
https://www.youtube.com/channel/UCl4UWklKYTaUOZAhSJAprWQ

とは言っても、色々ありすぎて、どういった動画や生放送を配信しているのかよくわかりません。ということで、今回は『日本棋院のyoutube公式生放送』の内容をまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

youtubeの日本棋院公式生放送まとめ

以下、2018年2月頃~2020年8月時点までのまとめです。

棋戦 2018 2019 2020
(1/5)囲碁の日 —–
(3月)女流名人戦
(3月)十段戦
(3月)ワールド碁女流最強戦
(3月)ワールド碁チャンピオンシップ 延期
(4月)グロービス杯U-20
(5月)本因坊戦
(5月)おかげ杯
(5月)博多カマチ杯 —– —– 〇?
(6月)碁聖戦
(6月)女流立葵杯
(7月)扇興杯女流最強戦
(9月)名人戦 〇?
(9月)新人王戦 〇?
(10月)阿含・桐山杯
(10月)女流本因坊戦 〇?
(11月)SGW杯中庸戦
(11月)若鯉戦

※補足・・・?』をつけているのは『予選はあるから本戦もやるかも』という意味です。もちろん予選だけでやらない場合もあります。

スポンサーリンク

2020年はコロナの影響で日程がおかしくなっているとはいえ、こうしてみると『必ずやっている』というのはそんなに多くないように思えます。

◆七大タイトル戦

必ずやっているのは『十段戦』と『碁聖戦』です。『棋聖戦』『天元戦』『王座戦』に至っては全くやっていません。ま~『棋聖戦』は囲碁プレミアムの方で有料放送をやっているので期待できませんね。

◆女流タイトル戦(5つ)

結構全てやっているようですが、やっていないときもあるようです。ランダム要素が高いですね~。

◆国際戦

日本が主催している『ワールド碁チャンピオンシップ』と『グローバル杯』をやってくれているようです。

あとがき

あくまでタイトル戦のみをまとめましたが、正確には『予選』を生放送してくれている場合もあります。そして予選もやってくれている時もあれば、やっていない時もあるという状況。なんだか行き当たりばったりになっているように感じますね~。

ま~『生放送』はこんな感じではありますが、『七大タイトル戦』なら日本棋院の『幽玄の間』というサイトで棋譜の生中継をみることができます。しかも全て無料で。ご存じない方はアカウントを作成しておきましょう。

ただ、『女流タイトル戦』の方は無料で見れないんですよね~。

将棋は『abemaTV』があるのでネットで色々な対局を視聴することができます。対して、囲碁の方は有料放送が多いんです。これでは囲碁人口が減っていくのは必然ではないでしょうか。

囲碁の方も無料で楽しめる環境を整えて囲碁人口が増えるように頑張っていくべきではないでしょうか。その点、日本棋院んさんに考えていただきたいところです。

スポンサーリンク

Leela (1)無料入手方法(2)検討、レーティング対局(3)『野狐囲碁』の棋譜を検討(4)『東洋囲碁』の棋譜を検討
Lizzie (1)無料入手方法(2)使い方・操作方法(3)野狐囲碁の棋譜を検討(4)東洋囲碁の棋譜を検討(5)Lizzieができない
野狐囲碁 (1)基本的な操作方法(2)絶芸の検討機能(3)プロ棋士の棋譜(4)ツイッターで棋譜紹介(5)Lizzieで検討(6)Leelaで検討(7)アラシを運営に通報
東洋囲碁 (1)無料ポイント補充方法(2)棋譜をsgfに(3)フリーソフトで棋譜をsgfに(4)Lizzieで検討(5)Leelaで検討