無料の囲碁対局サイトといえば『東洋囲碁』ですが、その東洋囲碁に匹敵する巨大サイトとして『野狐囲碁』が登場しました。 使い勝手の良さやプレイヤー人数の多さは東洋囲碁に匹敵するほどの規模だといえます。総合的に見るなら、対局サイトの中では野狐囲碁が一番良いかもしれません。

そこで、今回は野狐囲碁の簡単な扱い方を解説してみようと思います。

スポンサーリンク

(1)人と対局する方法

対局する方法はいたって簡単です。『自動申請』ボタンを押しましょう。このボタンを押すと自動的に対局相手を探してくれます。

ただし、野狐囲碁の場合、対局相手を探すとき、結構ゴチャゴチャします。『自分の対局申し込み』と『人の対局申し込み』の2つが同時にやっているからです。もたもたしていると、すぐに相手は対局をキャンセルしてきます。そういったものだと諦めて慣れるしかありませんね~。

そしてこれが対局申し込み画面。これはちょっと困った人のパターンですが、解説いたします。

野狐囲碁では持ち時間10分』『秒読み30秒3回』『ポイントの賭けは無しというのが基本です。(ポイントというのはゲーム内ポイントですが、大した意味はありません)

しかし、画像の方では『持ち時間1分』『秒読み20秒3回』『500,000のゲームコインを賭けて勝負しましょう』という内容になっています。時々、こういったメチャクチャな設定での申し込みが来るんですよね。私はこういった場合は全て辞退しています。この3ヶ所は注意深く見て、対局するかどうかを判断してください

(2)AIとの対局も可能

『自動申請』ボタンの2つ横に『AI対局』というボタンがありますよね? それを押すとAI(コンピュータ)との対局が可能です。

右上をクリックすると5種類ほどの中からAIの強さを選べます。15級~5級となっていますので、平均的な碁打ちの方々ならある程度、楽しめる内容になっていると思います。

後は好きに設定を調整して対局を楽しんでください!

(3)棋力の昇段、降段条件

自分の級や段をあげる際、どうった条件を達成すれば昇段するのか? または負けてしまって降段するのか。それを調べる方法は

まずはこの画面で、自分のID名をダブルクリックします。

すると、次のような画面が表示されます。

これが自分の対局データですね。

『レーティングルーム』にマウスのカーソルを合わせると、次のような画面が表示されます。

これが昇段、降段の条件です。

例えば1K(1級)の場合は『最新の19戦で12勝したら昇段して初段』になります。『最新の19戦で13敗したら降級して2級』になります。

スポンサーリンク

(4)自分の棋譜を見ることができる

自分が打った対局の棋譜を確認する方法を説明します。

まずは、自分の対局データの画面を表示させます。

『棋譜』と書かれてあるボタンをクリック。

すると、対局データの一覧が表示されます。その一覧の中から好きなものを選んでダブルクリックしてください。

そうすると、このように棋譜を見ることができます。

棋譜を見るだけでなく『自分で別の場所に打って検討』することも可能です。囲碁を強くなるためには対局後の検討はとても大事です。ぜひ活用してください。

過去の棋譜データは全て見ることができる仕様になっています。しかし、今後もずっと残るとは限りませんので、重要だと感じる棋譜データであれば自分のパソコン内に残すか、ネット上に記録することをお勧めいたします。そのやり方は次に紹介する『【応用】他の人に棋譜を店う方法』で説明いたしますのでご参照ください。

(5)【応用】他の人に棋譜を見せる方法

野狐囲碁の棋譜データを誰かに見せたいという場合もあると思います。そういった場合は『SGFデータ』『つぶや棋譜2』というサイトを活用してみましょう。

◆つぶや棋譜2での棋譜データ
http://gokifu.net/t2.php?s=4261502022621034

『つぶや棋譜2』を使えば、このように野狐囲碁の棋譜を皆に見てもらうことが可能です。ぜひやり方を覚えてください。

下の方に『保存』というボタンがありますのでクリック。

そうすると『名前を付けて保存』の画面が出てきますので、とりあえずデスクトップ上にデータを保存してください。

デスクトップ上に『SGFファイル』が出来上がっていると思いますので、それをダブルクリックします。

SGFファイルとはこんな感じで記号のようになっています。これがSGFによる対局データという事ですね。

このデータを全て反転させてコピーしてください。

そして、いよいよ『つぶや棋譜2』というサイトを活用しますので、つぶや棋譜2を開いてください。

◆つぶや棋譜2
http://gokifu.net/kifutweet2.php

扱い方がわからないという方は別記事にて解説していますのでそちらをご参照ください。

つぶや棋譜2の下の方に画像のような枠がありますので、そこに先ほどのSGFファイルを全て貼り付けてください。そして『棋譜読み込み』をクリック

そうすると、画面上部にて棋譜を閲覧することが可能になります。ご確認ください。

この棋譜データをみんなに見てもらうには、つぶや棋譜サイトの中央辺りにある『URL作成のみ』をクリック

そうすると、URL(アドレス)が表示されます。このアドレスをコピーしてブログや掲示板などに貼り付けると、皆に対局の棋譜を見てもらうことができるというわけです。

http://gokifu.net/t2.php?s=4261502022621034

見てもらうだけでなく、つぶや棋譜2を使えば検討しあう事もできます。色々と活用してみてください。

◆質問返答◆野狐囲碁の棋譜を再生する方法

コメントにて『野狐囲碁での棋譜の番号表示の方法』に関する質問がありましたので説明したいと思います。

質問にあったのは『3番の手数表示』の事だと思います。

ついでと言ってはなんですが、今回、私がこの画面でよく使う5つのボタンもご紹介しようと思います。よければご参考にしてください。

①棋譜再生ボタン

ここのボタンを押すことで棋譜を一つ前に進めたり、一つ後ろに戻せたりすることだできます。棋譜を見る際とても便利なのでぜひ活用してください。

②検討開始・リセットボタン

対局内容の検討を行う事が出来ます。

③手数表示ボタン

棋譜に番号を表示ことができます。

④形成判断ボタン

黒と白の陣地がどの程度なのかコンピュータが自動的に計算してくれます。自分で数えなくて良いのでとても便利です。ただ、コンピュータなので時々間違えている時もあります。

⑤座標ボタン

碁盤の横軸に『ABCDEF・・・』、縦軸に『1,2,3,4,5・・・』という座標を表示することができます。

◆質問返答◆対局申請画面の解説

対局申請画面に表示されている重要な箇所を解説いたします。

①持ち時間10分
②秒読み30秒

持ち時間と秒読みです。画面で表示されている『持ち時間10分秒読み30秒』がネット囲碁の世界では最も一般的だと思います。『持ち時間20分』にしている人も結構いますが、それはお好みで。

早碁希望で『持ち時間1分、秒読み15秒』で申請してくる人もいます。また、『持ち時間30分、秒読み60秒』って場合もあります。前者は10分くらいで対局は終わると思いますが、後者は下手すると一局2時間前後です。

③ポンントを賭けた勝負

ここに数値を記入すればポイントを賭けた勝負となります。通常は『0』です。

『ポイントを賭けた勝負』は前述した通り棋力詐欺がいますので辞めた方がいいです。ポイントを賭けた勝負を申し込まれた場合は辞退することをお勧めいたします。

④自分のコイン
⑤相手のコイン

ここに表示されるのは『自分が保有する全財産のポイント』『相手が保有する全財産のポイント』となります。

画像の方では、私が『14,000ポイント』であるのに対して、相手は『255,980ポイント』も持っているってことになりますね。この場合、ポイントを賭けた勝負は『14,000』ポイントが上限となります。上限額がいくらになるのかを分かりやすくするために、ここに表示しているものと思われます。

※(補足)FoxCoinに関して

野狐囲碁の世界には『FoxCoin』というものが存在します。ゲーム内マネーであり、囲碁の対局や棋力変動に置いて何の関係もありませんので気楽に考えてください。

なお、野狐囲碁の世界ではこのFoxCoinのことを『ポイント』や『コイン』といった別の表現をされたりもしています。FoxCoinのことをポイントやコインと表現しているのであり、全て同じ意味です。

なぜ、このような別表現がなされているのか? それは野狐囲碁が中国系サイトだからです。『中国語』を『日本語』に翻訳した方があまり上手くはなかったのだと思います。その結果として、同じ意味であるFoxCoin、ポイント、コインといった3つの別表現が生まれてしまったものだと思われます。ま~私の推測なんですけどね。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク