囲碁棋士の世界ランキングを毎月記録していくことを目的とした記事です。

◆世界ランキング(レーティング)
https://www.goratings.org/ja/

囲碁は日本国内だけでなく中国、韓国、台湾やアメリカ、ヨーロッパでも打たれています。近年では中国、韓国の方が囲碁は強く、日本はそれを追う形となっています。

この記事では井山の世界ランキング『日本人の世界ランキング』の状況日本人の上位6人の棋士を毎月紹介していきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~
>>2017年度の世界ランキング
>>2018年度の世界ランキング

スポンサーリンク

2月の世界ランキング

韓国のパクジョンファンがランキング1位に返り咲いたという話をどこかでみたのですが15日時点では3位です。僅差であるため変動が激しいのでそうね。3月18~20日に『ワールド碁チャンピオンシップ2019』が開催されます。韓国のパクジョンファン、中国のカケツ、日本の井山も出場します。ここで井山に復活を果たしてもらいたいところですが・・・・・。

◆日本人トップ6

◆世界29位 井山裕太 3471

◆世界44位 一力遼  3430
◆世界58位 許家元  3398
◆世界61位 芝野虎丸 3385
◆世界63位 山下圭吾 3383
◆世界78位 張栩   3367

井山、名人戦のリーグ戦で芝虎くんと鈴木七段に負けて2月15日時点で『1勝2敗』となっています。挑戦権獲得するのはもう無理なのではと思える事態です。棋聖戦では3勝1敗と勝ち越してはいますが、井山の不調はまだまだ続きそうですね~。

1月の世界ランキング

最近、ランキング1位に定着している『申眞ソ(シン・ジンソ)』18歳。ちょっと特殊な漢字であるためかアルファベット表記が続いています。韓国、中国は若手が伸びてうらやましい。井山は23位。12月に2つのタイトルを防衛したからか若干順位が上がっています。

◆日本人トップ6

◆世界23位 井山裕太 3487

◆世界44位 一力遼  3432
◆世界58位 許家元  3400
◆世界61位 山下圭吾 3387
◆世界68位 芝野虎丸 3376
◆世界74位 張栩   3369

国内順位としてはほとんど変わっていません。一力、許、芝虎の3人が上位に定着しています。若手が伸びていると言うのは良い傾向です。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク