『アルファ碁ゼロ』同士の対局です。レート『-3400』という完全の初心者レベルからレート3700という人間のトップ棋士レベルまでの棋譜となります。

アルファ碁ゼロは人間の対局を全く参考にせずにゼロから独学で学んで行っていると聞きます。人間の思考感覚を全く取り入れずにどのように進化していったのか、とても興味深いところです。

スポンサーリンク


【まとめ】アルファ碁の対局履歴

◆2017年◆
10月中 アルファ碁ゼロVSアルファ碁ゼロ40局】-3000~47504775~5185-3400~37003750~4350
5月末 【アルファ碁VSアルファ碁50局】1~5局6~10局11~15局16~20局21~25局26~30局31~35局36~40局41~45局46~50局
5/23~27 【中国】カケツ1局2局3局)・相談碁・ペア碁
12/29~1/4 ※【非公式対局】・・・井山裕太1局)・カケツ1局2局)・パク・ジョンファン1局2局・3局・4局)
◆2016年◆
夏ごろ AlphaGoVSアルファ碁・・・1局2局3局
3/9~3/15 【韓国】イセドル9段・・・1局2局3局4局5局
◆2015年◆
10/5~10/9 【EU】ファン・フイ(Fan Hui)・・・5戦

※【非公式対局】2016年12月29日~2017年1月4日に行われた対局はインターネット上で行われた非公式の対局となります。

アルファ碁ゼロ(AlphaGoZero)の棋譜

第21局目(レート:-3400)

レートが『-3400』ですから、現在公開されているアルファ碁ゼロの棋譜の中では最弱だと言えそうです。もしかしたら、ルールを覚えただけの最初の対局がコレなのかもしれませんね。

白番  : アルファ碁(レート:-3400)
黒番  : アルファ碁(レート:-3400)

第22局目(レート:-2000)

まだ『隅から打ち始める』といった囲碁の当たり前に到達していない段階のようです。しかし、少しは様になっている印象を受けます。

白番  : アルファ碁(レート:-2000)
黒番  : アルファ碁(レート:-2000)

第23局目(レート:-900)

レート『-900』となっていますが、なかなか上手いですよ。初段クラスの風格はあるように思えました。もっと強いのかも? 正直な所、3~4段の私でも勝てないのではと不安に感じる強さに見えました。『-900』はまだまだ弱いんだろうと思っていましたが、いったいどの程度の強さなんでしょうね!?

白番  : アルファ碁(レート:-900)
黒番  : アルファ碁(レート:-900)

第24局目(レート:2000)

『-900』の強さから、いっきに飛んで『2000』となりました。ここまでくると未知の領域です。

白番  : アルファ碁(レート:2000)
黒番  : アルファ碁(レート:2000)

第25局目(レート:2500)

白番  : アルファ碁(レート:2500)
黒番  : アルファ碁(レート:2500)


スポンサーリンク

第26局目(レート:2900)

白番  : アルファ碁(レート:2900)
黒番  : アルファ碁(レート:2900)

第27局目(レート:3300)

白番  : アルファ碁(レート:3300)
黒番  : アルファ碁(レート:3300)

第28局目(レート:3500)

白番  : アルファ碁(レート:3500)
黒番  : アルファ碁(レート:3500)

第29局目(レート:3600)

白番  : アルファ碁(レート:3600)
黒番  : アルファ碁(レート:3600)

第30局目(レート:3700)

白番  : アルファ碁(レート:3700)
黒番  : アルファ碁(レート:3700)


スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク