詰碁問題にて『5目ナカデ(中手)』が正解となるパターンを紹介しています。実戦でもなかなか使えますよ、ナカデ戦法は。理解しておいて損はありません。

なお『5目ナカデとは何かわからない』という方は、『問題1の回答』を参照して下さい。

スポンサーリンク

5目ナカデ(中手)が正解となる初心者詰碁問題

詰碁はパターンです。問題を見た瞬間、答えがすぐにわかるってなくらいにならなければ実戦では使いこなすことができません。しっかりパターンを理解しましょう!

◆問題1

5目ナカデの基本問題です。

◆問題2

ちょっと難しい問題かなと思います。

◆問題3

これはかなり難しい部類の問題だと思います。5目ナカデが答えだとわかっていてもなかなか解けないのではないでしょうか。

◆問題4

実戦で相手に打たれたら思わず『お見事!』と言ってしまいたくなるような問題です。


スポンサーリンク

正解

◆問題1の解答

5目ナカデの基本です。自分の黒石5つを取らせて、相手の石を全て取ってしまうという戦術ですね。

◆問題2の解答

ラスト、わかりにくいかもですが、石が全部つまってしまっていますので白からは手が出せません。

対して、黒は5目ナカデの形にして石を取らせます。放り込んで白が死んでしまうってことですね。

初心者の方のために追加で棋譜で表示いたします。

このように、5目は取らせるけど、最終的には白を全て殺してしまうという詰碁問題です。

◆問題3の解答

この形はちょっと難しいかなと思います。実戦でもなかなかパッとはわかりませんね。

◆問題4の解答

黒1手目は『眼を作るぞ!』という一手です。眼を作られてしまっては『眼有り眼無し』になって白は負けてしまいます。眼を潰しに行くしかありません。

黒3手目でダメをつめます。この状況で黒に1眼作られたら白の負けです。潰しに行くしかありません。

結果として黒5手目で『5目ナカデ』の完成です。白は完全に打たされたうえで殺されてしまいました。黒、お見事な流れだと思います。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク