中国主催の国際戦『第3回夢百合杯』の本戦がいよいよ6月19日(木)からはじまることになります。

国際戦はあまり扱わないのですが、今回日本の囲碁AI『DeepZenGo』が参戦するとのことで注目してみようかなと思っています。

なお、対局の無料視聴方法も書いておりますので、参考に指定下さい。

スポンサーリンク

第2回戦

日程   : 6月21日(水)
開始時間 : 13時30分~
持ち時間 : 2時間、秒読み1分

白番: 王昊洋六段(中国)
黒番: DeepZenGo

対局結果: 白の半目差勝ち

まさかここでDeepZenGoが負けるとは思いませんでした。残念です。差は『半目差』です。

この大会は中国の大会であるため『コミ7目半』となります。DeepZenGoは日本のソフトであるため『コミ6目半』の発想で打っているのかもしれません。日本ルールならDZGの勝ち。中国ルールならDZGの負けと言ったところ。DZGからしてみれば勝った碁なのかもしれません。

なお、この記事はDZGを追いかける目的で作成しています。夢百合杯の結果報告は行いますが、今後、棋譜の公開はありません。その点、ご了承ください。

第1回戦

日程   : 6月19日(月)
開始時間 : 13時30分~
持ち時間 : 2時間、秒読み1分

白番: DeepZenGo
黒番: 申旻ジュン五段(韓国)

対局結果: 白、DeepZenGoの中押し勝ち

カケツも観戦に来ていた

大雑把に、白のDeepZenGoが7目半程度有利な状況で中押し勝ちとなりました。

DZG(DeepZenGo)の対局には、中国NO1のカケツも見学にやってきていました。自分の対局は無かったんでしょうかね~?

そして、対局後、翻訳を交えてDZG開発の加藤さんが検討に参加していましたよ。

こんな散らかしっぱなしの検討は始めてみました。日本でもよくある光景なのか、中国流の検討スタイルなのか、その点はよくわかりません。

日本人の対局結果

△高尾紳路九段(日本)― 江 維傑九段(中国)
△河野 臨九段(日本)― 陶 欣然六段(中国)
△高  宇三段(中国)― 余 正麒七段(日本)

高尾名人と河野9段は勝利しました。これで2回戦に進むのは『高尾名人』『河野9段』『DeepZenGo』の3人となりました。

大会の無料視聴方法

ニコニコ生放送

◆ニコニコ生放送
http://ch.nicovideo.jp/igo

ニコニコ生放送で視聴できることになっています。動画や解説などを見たい方はコチラを観ましょう。

野狐囲碁

囲碁の無料対局サイトです。中国のサイトでああり、結構、タイトル戦をやっていたりするので、おそらく無料視聴可能だと思われます。とりあえず、チェックしておきましょう。

日本棋院の幽玄の間

有料会員であれば全ての対局の棋譜を閲覧可能かもしれませんね。無料会員だともしかしたら見れないかもしれません。当日、確認するしかありませんね~。

大会日程

第1回戦: 6月19日(火)
第2回戦: 6月21日(木)

第3回戦: 未定
準々決勝: 未定

準決勝3番勝負: 未定

決勝 5番勝負: 未定

夢百合杯とは?

主催国 : 国際囲碁連盟、中国棋院
優勝賞金: 1,800,000元
持ち時間: 決勝3時間、それ以外2時間

中国棋院主催となる囲碁の国際戦のようです。

優勝賞金が『1,800,000元』とのこと。日本円に直すと約3000万円です。日本の3大タイトルに匹敵するような賞金額ですね。

シード枠が『中国人5人』『日本人3人』『韓国人3人』『台湾1人』と決まっているようです。予選があったようですが、日本人は一人も勝ち上がることができませんでした。よって、シード枠の3人しか参加しません。正直、悲しくなる事態です。

中国人参加者は34人と主催国特権の女流枠4人です。つまり、予選で29人が勝ち上がってきたという事のようです。

韓国人参加者は14人。こちらは予選から11人が勝ち上がってきています。

言うまでもなく日本人は予選勝ち上がり0人。そして台湾人も0人です。ここにDeepZenGoが加わった64人がトーナメント方式で上を目指していきます。

なお、準決勝が『3番勝負』で、決勝戦が『5番勝負』となっています。

日程ですが、第1回大会では『1、2回戦が7月』、『3回戦、準々決勝』が8月、『準決勝3番勝負』が10月、『決勝5番勝負』が12月に行われています。今回の大会も似たような日程で行われるものと思われます。

なお、予選に参加した日本人は志田達哉七段、沼舘沙輝哉五段、鶴田和志四段、六浦雄太三段、芝野虎丸三段、渡辺貢規二段、伊藤健良初段、西健伸初段の8名です。また、中途半端な位置づけの棋士ばかりですね。井山は参加していなかったようです。年末のタイトル戦の日程が厳しいため参加しなかったという事なのかもしれません。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク