順調に勝ち進み、『リーラ棋力3段』になりました。

前もって言いますと、私は基本的に『囲碁3段』という言葉は信用していません『囲碁3段ってどこの3段ですか?』と思うからです。私が信用しているのは『東洋囲碁3段』などのネット囲碁の棋力のみです。碁会所の棋力や、日本棋院の免状なども使用していません。

今回、私は『リーラ棋力』というものを勝手に命名してみました。ま~、そのままの意味で『リーラを相手にした場合の棋力』ということですね。

今後、このシリーズでは『リーラ棋力』の向上を目指して頑張ってみようと思います。

スポンサーリンク


Leela記事のまとめ

◆Leela一覧◆
(1)Download方法(2)段級対局(3)3段(4)一間バサミ(5)一間バサミ2

最新のLeelaはKGS8段クラスになっています。お使いのLeelaが最新であるのか否か、または最新にする方法は『LeelaのDownload方法』に書かれていますのでご参照ください。

リーラ棋力3段の対局(結果:勝利)

リーラには珍しい見損じのような結果となりました。なかなかのレアパターンだと思います。

対局: 4子置き
白番: Leela(KGS8段)
黒番: ムスイ(東洋囲碁3段)

 

 

対局結果: 272手での黒の中押し勝ち

大雑把な差は?

黒の『中押し勝ち』となりましたが、最後まで打てば結構な僅差でした。『4目半程度の差』になると思います。4子置きでここまで差をつめてくるわけですから、さすがですね~。

ただ、今回の対局で驚いたのは『僅差まで差をつめられてしまっていた』というところでしょうか。

実際、私は自分の思い通りに打てた会心の対局だったと思っています。心の中では圧勝だったんですよ。ところが、実際の差は『僅差』だったわけです。置石4つもあったにもかかわらず、気持ちよく対局できたにもかかわらず、僅差まで詰め寄られていました。それがショックだったというか、ビックリしたというか。

囲碁の奥深さを見せつけられたような気がします。

スポンサーリンク

リーラのプログラムの弱点?

ここから追い落としとなりました。特徴としては『コウ』が含まれていたところでしょうか。

リーラはコウが含まれると判断が鈍るのかもしれませんね。これはアルファ碁なども『コウが弱点』と言われてきましたので、ある意味、AIの弱点がコウであるということで当たっているのかな~って気がします。

私の得意技?が潰された

私は結構、囲碁の勉強をやらないタイプです。自慢ではありませんが我流で適当に打ってきました(笑)。そのため、感覚的に経験的に自分でいいかな~って思えるような手を打っているにすぎません。

解説の中で説明した通り・・・

この打ち方は我流です。誰かの真似をしたわけでもなく、自分で思い付きで打ち始めました。

実際の所、東洋囲碁の2段、3段ではそれなりに通用する打ち方なんですよね~。そのため、長年愛用してきた打ち方でもあります。

しかし・・・、今回その打ち方をリーラにさばかれてしまいました。

下で渡られるような手があったとは・・・・・。さすがリーラです。

今後使う時は、こういった流れもあるという事を想定しなければいけませんね~。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク