囲碁には『生きている石』と『死んでいる石』の2種類あります。

囲碁のルールでは『眼が2つあれば生きている石』であり、『眼が2つ無ければ死んでいる石』という事なんですね。ちなみに『眼』というのは碁石で作られた空間の事です。

今回はこの『生きている石』と『死んでいる石』の状況を説明したいと思います。

スポンサーリンク

生きている石

中央で白石が黒石に囲まれてしまっている状況です。しかし、白はしっかりと『眼が2つ』あります。つまり、この白石は生きているという事です。

こちらはで囲まれてしまっていますね。こちらも白は『眼を2つ』作っていますので生きています。

こちらはで囲まれてしまっています。白にはしっかりとした『眼が2つ』あるのがわかると思います。つまり、生きているってことです。

中央、辺、隅と、場所にはよりますが、同じ『眼が2つある状況』です。つまり、生きています。しっかりと、生きている形を理解しておきましょう。

死んでいる石

次に、『死んでしまっている石』を説明いたします。

◆パート1◆

ぱっと見、白石は眼が2つあるように目ますが・・・、実は左側は『欠け眼』と言って『偽物の眼』となります。つまり、眼ではないんですよ。

このように、黒石は白の眼を潰すことができるんです。

片方が『欠け眼』であり偽物ですから、実際の所、白は『眼が1つしかない』ということになります。つまり、この白石は『眼が2つ無い』ので全て死んでしまっている状況なんです。

◆パート2◆

次はこの形。先ほどと同じように、左側の白の眼が怪しいですよね。これも『欠け眼』であり偽物の眼なんです。

このように打ち込めば白の眼はつぶれてしまいます。白の眼は1つであり、死んでいる石です。

◆パート3◆

この形になりますと、左の眼も右の眼も両方欠けてしまっています。つまり、一つも眼が無いという形なんです。

◆パート4◆

次は『辺』の死んでいる形です。

これも左側が欠けてしまっているのがわかると思います。つまり、白は死んでいます。

◆パート5◆

これは『パート3』で説明した両方の眼が欠けている形と同じです。死んでしまっていますね。

◆パート6◆

最後に『隅』の死んでしまっている形です。

結局、中央も、辺も、隅も同じなんです。欠けている眼は眼ではありません。つまり、これも眼が1つしかないので、死んでしまっているという事なんです。

スポンサーリンク

死んでいる石の『応用』

では、最後は応用として『詰碁問題』ご紹介します。

これは『黒先白死』の問題です。つまり『黒番で打てば白を殺すことができる』という問題です。

正解、わかりますか? もちろん、わからなくて大丈夫です。この記事を書いている私は囲碁歴15年で東洋囲碁3段の実力がありますが、わかりませんでした(笑。ま~、私が詰碁が苦手ってだけでして、わかる人には簡単にわかると思うんですけどね。

では、正解はコチラです。

『A』が正解図です。『B』と『C』が失敗図です。

囲碁には色々な生き死にの形があります。こういったことは、地道に対局を続けたり、自分で勉強したりして、実戦経験をつむしかありません。

ま~、気長に頑張りましょうノ

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク