◆2018年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2017年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2016年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦

2017年度の天元戦を紹介していきます。

記入は古い記事程下へ行き、新しい記事程上にあるという仕様になっています。その点、ご注意くださいませ。

スポンサーリンク

天元戦・本線

決勝戦は『山下9段』と『一力7段』

・山下 敬吾九段
・一力  遼七段

残念ながらチクン先生の敗北です。ま~仕方が無いですね。決勝は山下9段と一力7段の2人。一力7段は王座戦も決勝まで残っていますし、大したものですね~。これは、一力による天元戦、王座戦の同時挑戦もありえるかもしれませんよ。

◆ベスト4、チクン先生の快進撃に期待!

・許  家元四段
・山下 敬吾九段
・一力  遼七段
・趙治勲名誉名人

期待していた『大西 竜平二段』は負けてしまいましたね。残念です。今後に期待ですね。

本木8段も負けてしまいましたね。本因坊戦の挑戦権といい、碁聖戦といい、最近よく頑張っていると思います。残念でした。

それにしても、チクン先生が上がって来てますよ。60歳にもなって、大したものですね~。まだまだ現役バリバリじゃないですか。若い棋士は一体何をやっているのかと。こうなったらも~、チクン先生が挑戦者になって井山と対局してもらいたいところです。頑張ってください!

◆ベスト8、若手の大西竜平二段が上がってきている!?

10月から始まる天元戦の挑戦者が絞られてきました。ベスト8に残ったのは・・・・・

・大西 竜平二段
・許  家元四段
・本木 克弥八段
・山下 敬吾九段
・大橋 成哉七段
・一力  遼七段
・趙治勲名誉名人
・武井 孝志七段

注目はやはり『大西竜平二段』だと思います。平成27年に入団ですから、まだプロになって2年です。それで天元戦の本線まで上がってきましたよ。これは大したものですよね。素晴らしいです。ぜひとも頑張っていただきたい。

次に気になるのが『本木克弥八段』でしょうか。本因坊戦の挑戦権を得ている上に、碁聖戦の挑戦権も王手をかけてきています。今年、最も勢いのある若手だと言えそうです。期待大ですよね。準決勝で大西二段と当たる流れってのが残念です。

後は『一力遼七段』。昨年の天元戦の挑戦者でした。何とか今年、井山6冠にリベンジをはかりたいところ。

『趙治勲名誉名人』は・・・60でしょうに頑張りますねぇ。というか、むしろ若手がだらしないってことなのだと思います。チクンさんが挑戦者ってのも、なかなかに面白いと思いますよ。

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク