インターネット上には、人と対局できるサイトが複数あります。また、対人戦のサイトには『無料のサイト』と『有料のサイト』の2種類あります。

今回この記事では、私個人がお勧めだと思った『無料の囲碁対局サイト』を独自判断でランキングにしてみました。あまり詳しくない方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

第1位:東洋囲碁(ネット囲碁の最高峰)

◆東洋囲碁

http://netdays365.com/東洋囲碁

・1日3~6局程度、無料対局が可能
・自動的に対局相手を探してくれる
・自分の段級を知ることができる
・韓国系のサイト
・韓国人、中国人が多い
・マナーは比較的良い

このサイトは、『1対局に1万ポイント』必要になります。このポイントは12時間に3万ポイント無料補充できますので、言ってみるなら『12時間で3局打てるサイト』ということになりますね。ですから、1日3~6局程度打てるサイトということになるんですよ。

1日に3局程度しか打たないという方にとっては最高のサイトだと言えます。1日に10局も20局も打つという方は、別のサイトと併用すればいいですよ。

何にしても、東洋囲碁はインターネット囲碁の最高峰に位置づけされるサイトだと言っても過言ではありません。使い勝手も最高です。必ず登録することをお勧めいたします。

第2位:野狐囲碁(対局設定が勝手に変更?)

◆野狐囲碁
http://webigojp.com/

・好きなだけ対局し放題
・自動的に対局相手を探してくれる
・自分の段級を知ることができる
・中国系のサイト
・7大タイトル戦の棋譜を観戦可能
・中国人、韓国人が多い
・マナーは比較的良い

好きなだけ打つことが可能であるうえ、日本の7大タイトル戦も観戦できるなど、東洋囲碁よりも優れているように見えますが・・・・・、欠点(デメリット)があります。

デメリット
・対局設定を相手が変更する、以降、変更内容がベースとなる
・対局申し込み時がゴチャゴチャしすぎていてややこしい
・観戦している7大タイトル戦の棋譜の更新が遅い
・棋譜が間違えており、後から変更になることも

例えば私は持ち時間10分に設定しているのですが、申し込み相手が『持ち時間1分』に変更したら、自分で訂正しない限りずっと『持ち時間1分』の対局を相手に申し込むことになります。これが本当にめんどくさい。

7大タイトル戦を見れると言うのは本当に魅力的ですが、間違えているし、更新は遅いしで、目も当てられない状況の時もあります。きちんとできてる時の方が多いんですけどね。中国らしいと言えば中国らしいです。

ですから、完全に信用できないんです。

そうはいっても、無料で対局を楽しめるサイトの中では破格の魅力的なサイトであることは間違いありません。必ず登録しておくことをお勧めいたします。

第3位:囲碁きっず(検討機能の最も優れているサイト)

◆囲碁きっず
http://www.igo-kids.com/

・検討機能が優れている
・自分や他人の過去の棋譜を好きなだけ見れる
・対局相手の強さがわからない
・好きなだけ対局し放題
・日本のサイト
・マナーは比較的良い

『検討機能』にとても優れたサイトです。対局した後に棋譜を戻して、『このようにしてたらどうなっていたんだろう?』と思う場面に戻って打ちなおすことが可能です。そういったことを対局相手と一緒に検討しあえます。こういった機能があるのは囲碁きっずくらいしかありません。囲碁を学ぶ上では最高のサイトだと言えます。

また『検討部屋』という部屋を作ることができ、そこでは過去の対局をみんなで検討できます。まさに、『皆で囲碁を勉強する』に特化したサイトだと言えます。

しかし、ユーザーのニーズは検討よりも『段級機能』であったため、自分の段級を明確に知ることができるサイトに人が流れて行ってしまいました。ユーザー自体は減少傾向です。

棋譜を検討する機能において言うなら唯一無二の最高のサイトだと言えます。活性化を願いたいところです。

スポンサーリンク

第4位:囲碁クエスト(スマホでも楽しめるアプリ)

◆囲碁クエスト
http://netdays365.com/囲碁クエスト

・9路・13路・19路の3種類
・19路は接続人数が1000人以上になってから
・スマホでも楽しめる
・好きなだけ対局し放題
・自動的に対局相手を探してくれる
・日本のサイト
・マナーは比較的良い

主に9路と13路の対局サイトです。スマホで楽しめると言うのが最大の魅力でしょうか。19路は接続人数が1000人を超えないと行えないという仕様になっています。

『早碁サイト』と考えた方がいいです。持ち時間設定の変更ができないうえ、時間が短いですから。

スマホで囲碁を気軽に楽しめるという唯一無二のサイトです。やって損はありません。

第5位:ハンゲーム囲碁(アラシ、システムバグなど問題多数)

◆ハンゲーム囲碁
http://netdays365.com/ハンゲーム囲碁

・自分の段級を知ることができる
・好きなだけ対局し放題
・システム上のバグが多い
・韓国系のサイト
・マナーは比較的悪い

ゲーム総合サイト『ハンゲーム』の囲碁です。

棋力の世界が『初級ロビー:18~10級』『上級ロビー:9級~9段』に分かれており、それぞれが別世界だと考えた方がいいです。

初級ロビーの10級は上級ロビーの初段程度に該当します。初級ロビーは『初心者の集まり』ではありません。一定の棋力を持った人たちが集まっています。そのため、初心者はまったく勝つことが出来ず17級への昇級が極めて困難な状況になってしまっています。完全に初心者泣かせのサイトであることから、初心者にはお勧めできないサイトです。その為か、『アラシ』と言われる問題児も多数存在します。

運営はまともに対応していません。問題が発生しても、通報しても、何もしないのが当たり前のサイトです。トラブルに会わないよう、ブログや掲示板でアラシ報告などを行うと、逆に処罰されてしまいます。その為、アラシ問題を解決する方法が一切存在しないという状況に陥っています。

また、システムバグが多く、特に対局申し込み時のトラブル発生率は圧倒的に高いです。十数年前から存在するバグで、同じく運営は無視を決め込んでいるため、諦めるしかありません。

つまり、不愉快な思いをする可能性を覚悟できるなら、それなりに楽しめるサイトではあります。囲碁歴が長く、初段以上の力があるなら、トラブルにあうことは比較的少ないかもしれませんね。

第6位:幽玄の間(7大タイトル戦を見れる)

・自分の段級を知ることができる

・無料ユーザーは対局申し込みを受けなければ打てない
・日本棋院のサイト
・7大タイトル戦の棋譜を観戦可能
・マナーはとても良い

日本棋院が運営する対局サイトですが、主に有料サイトです。無料会員は自分から対局を申し込むことができません。誰かから対局申し込みを受けるのを気長に待たなければいけません。ですから、無料会員では対局を楽しむことは、あまりできません。

無料会員にとっての最大のメリットは『7大タイトルを観戦できる』ことです。7大タイトル戦を見れる場所って少ないですからね。かなり貴重だと言えます。

あとがき

今回紹介した無料の対局サイト以外にも『KGS』『WING』などといったサイトもあるのですが、私はあまり活用したことが無いので、はぶきました。興味のある方は検索してみてください。

とりあえず、私が普段やっている囲碁の楽しみ方はと言いますと

◆対局
・東洋囲碁
・囲碁クエスト
・野狐囲碁

の順番で対局を楽しみ、

◆7大タイトル戦の観戦
・幽玄の間
・野狐囲碁

といった具合にタイトル戦を観戦しています。

ですから、最優先で考えるなら

◆お勧めサイト
東洋囲碁(19路対局用)
囲碁クエスト(9路・13路用)
幽玄の間(7代タイトル戦を観戦)
野狐囲碁(問題あるけど万能)

この4つが最優先になってくるかなと考えています。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
『碁石愛護委員会』会長ムスイの葛藤。『碁石を守ってあげたい』という想いと、『碁石を殺してしまいたい』という想い。矛盾するこのジレンマに対していまだに答えを見いだせていない。とりあえず、碁石たちの悲しみの根源である『日本棋院』に対して厳しく追及していく構えである。