ここでは詰碁問題にて『4目ナカデ(中手)』が正解となるパターンをまとめて紹介いたします。頭の中でパターン化して、実戦でもすぐにひらめくようにしておきましょう。

『4目ナカデ(中手)が何かわからない』という方は、最後に解説を入れていますので、そちらを参照してください。

スポンサーリンク

4目ナカデ(中手)が正解となる詰碁問題

詰碁はパターンです。問題を見た瞬間に答えがわからないのであれば、回答を見て、回答を暗記することを心がけた方がいいです。

◆問題1

◆問題2

(2017年4月11日に追加)

スポンサーリンク

正解

◆問題1の正解

◆問題2の正解

『4目ナカデ(中手)』とは?

▲『4目ナカデ』で、眼が1つしかなく、『黒死』に

4目ナカデというのは、図で確認できる通り『黒の空間が4つある状況』のことを指します。

『右の図』の場合、先に白1に打たれてしまうと、黒は2眼できません。つまり、『黒死』の状況です。

『左の図』の場合は黒にとってはもっと厄介で、黒が先に打ったとしても黒は2眼できません。

詰碁問題では、『わざと自分の石を相手に取らせて、4目ナカデの状況にし、相手に2眼作らせない』という戦術があります。今回ここで紹介している詰碁問題は、こういった4目ナカデの特徴をうまく使い、相手の石を殺してしまうという問題になっています。

ま~、言葉にしてしまうとややこしいですよね。とりあえず、色々なパターンを試して、こういったもんなんだな~と慣れ親しんでください。やればやるほど、理解できるものですよ。

スポンサーリンク