◆2018年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2017年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
◆2016年◆
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦

井山6冠が史上初の7冠になったのは2016年4月20日。そして、名人を落として6冠になったのが11月3日です。6冠になって以降も、井山6冠は調子を落とすことなく安定してタイトルを保持してきました。

そして今回、井山6冠はリーグ戦全勝で名人戦の挑戦権を得ました。井山裕太6冠、2度目の7冠を目指します。

スポンサーリンク

第1局目

対局日 : 8月30日(水)・31日(木)
対局場 : 大阪市北区「コンラッド大阪」
持ち時間: 8時間

白黒?番: 井山裕太(6冠)
白黒?番: 山下敬吾(九段)

◆当日リアルタイムでの対局をご視聴されたい方はコチラを参照して下さい。
【囲碁 名人戦】棋譜の生中継視聴方法!解説有り!【無料】

対局結果: ?????

名人戦の日程、賞金など

第1局 8月30日(水)・31日(木) 大阪市北区
「コンラッド大阪」
第2局 9月12日(火)・13日(水) 東京都文京区
「ホテル椿山荘東京」
第3局 9月21日(木)・ 22日(金) 高松市
「喜代美山荘 花樹海」
第4局 10月2日(月)・3日(火) 石川県小松市
「旅亭懐石のとや」
第5局 10月16日(月)・17日(火) 静岡県熱海市
「あたみ石亭」
第6局 10月23日(月)・24日(火) 甲府市
「常磐ホテル」
第7局 11月1日(水)・2日(木) 静岡県河津町
「今井荘」

(日本棋院、名人戦第42期参照:http://www.nihonkiin.or.jp/match/meijin/042.html

主催: 朝日新聞
賞金: 3200万円
朝鮮手合い: 7番勝負
持ち時間: 8時間、秒読み10分
創設年: 1974年

スポンサーリンク

挑戦者決定リーグ戦の状況

昨年度の挑戦者の高尾名人の成績は7勝1敗。

. . 井山 村川 山下 河野 羽根 坂井 成績
1 井山
棋聖
// 8-0
2 村川
8段
× // × × × 4-4
3 山下
9段
× × // × 5-3
4
9段
× × // × × 4-4
5 河野
9段
× × × // × 4-4
6
8段
× × × × // × 3-5
7 羽根
9段
× × × // × × 3-5
7 坂井
8段
× × × × × // × 2-6
7
7段
× × × × × // 3-5

最終成績

結局、井山6冠が負けなしの8連勝となりました。もう、圧倒的です。高尾名人もこれだけの勢いですから、怖いでしょうね~。

そして、名人リーグ陥落は『羽根9段』『坂井8段』『余7段』の3人となります。

7月末時点の成績

井山6冠が村川8段に勝利! これで井山は負けなしの7連勝。最終戦を待たずして、名人戦挑戦者に決定しました。さすがです。

名人戦は昨年、唯一、井山が落としてしまったタイトルです。今回の名人戦でタイトルを奪い返せば、井山は2度目の7冠となりますね。これは将棋の羽生名人も達成できていない偉業ではないでしょうか?

昨年、井山が囲碁界の歴史上初の7冠を達成した時は『熊本地震』が一週間前に起こってしまい、お祝いムードではなくなってしまいました。今年になってからは将棋の世界で藤井聡太プロが歴代最高の連勝記録ということで連日マスコミに報道されていましたよね。今回、井山が2度目の7冠を達成すれば、マスコミは注目してくれるでしょうかね~? そうなれば、囲碁界もにぎわってくると思うのですが・・・・・。基本、タイトル戦では強すぎる井山が負けることを願っておりますが、今回の名人戦だけは全力で井山を応援しなければいけませんね。高尾名人には申し訳ないのですが。

囲碁界も、面白くなってきましたよ。

◆名人戦の挑戦者に決定!
・井山6冠: 7-0

6月末時点の成績

決まりましたね。もうほぼ決定です。この記事のタイトルももう『挑戦者:井山』に書き換えました。それくらいもう井山で決定だと思います。残り2戦を2敗するイメージが全くない。これは井山、2度目の7冠、ホントに行くかもしれませんね~。あんまり一人が強すぎても困るんですけどね~。もう一人、ライバルの位置づけの新人が上がってくれば囲碁はもっと面白くなるのですが。打倒井山がなかなか現れてくれません。

・井山6冠:6-0
・村川8段:4-2

村川8段が首の皮一枚で残っています。そして7月の対局は『井山VS村川』の対局。これで決まってしまいそうです。

5月末時点の成績

5月は2番手だった山下9段が負けて2敗になってしまい、全勝の井山裕太6冠の一人勝ち状況になってきました。もうほとんど決定と言ってもいい状況かもしれません。

・井山6冠:5-0
・山下9段:4-2
・村川8段:3-2
・河野9段:3-2

井山6冠は残り3戦です。相手は『山下9段』『村川8段』『余7段』の順番で3人。井山6冠の勢いを考えますと、2敗するイメージがまったくありません。悪くて1敗ではないでしょうか。もうほぼ決定的かなと思えます。

4月末時点の成績

絞られてきました。井山6冠、山下9段、河野9段の争いとなっていましたが、『井山6冠VS河野9段』の直接対決で井山6冠が勝利。事実上、河野9段が脱落路線です。山下9段は趙9段に勝利しました。

・井山6冠:4-0
・山下9段:4-1

まだ折り返し地点ではありますが、ほぼこの2人の争いになってくるものと思われます。

3月末時点の成績

3月終了時点での成績が出そろいました。井山、強いですね~。唯一負けなしの3戦3勝です。また名人戦の挑戦権獲得に一歩、近づいてきました。

・井山6冠:3-0
・山下9段:3-1
・河野9段:2-1

まだ残り4~5戦ほどあると言っても、1敗までが挑戦権獲得ラインだと思われます。すでにこの3人に絞られてきたって感じでしょうか。

【4月の対局】
・井山6冠 VS 河野9段
・山下9段 VS 趙 9段

4月はこの2局が注目です。もし井山が勝ってしまったら、河野9段は挑戦権脱落が濃厚です。逆に河野9段が勝てばかなりの接戦になってきます。そして、山下9段の相手は趙9段です。簡単に勝たせてくれる相手ではありませんねぇ。どちらの対局も今後を左右する大事な一戦になりそうです。

3月11日時点の成績

何だか挑戦権争いの中に井山6冠の名前があると新鮮に感じてしまいますね~(笑。

昨年度、挑戦権を得たのが高尾名人で、その時の成績が『7勝1敗』だったわけですから、今回もこれくらいの成績がラインになってくるものと思われます。ギリギリあっても『2敗』まででしょうね。

現在、可能性が高いのは

・井山6冠
・河野9段
・山下9段
・趙9段

の4人でしょうか。

村川8段にちょっと期待していたのですが、今からの巻き返しは難しいでしょうね~。

【3月の対局】
・井山棋聖(?)ー(?)羽根9段
・村川8段(負)ー(勝)黄 8段
・山下9段(?)ー(?)河野9段
・趙 9段(?)ー(?)余 7段

スポンサーリンク

◆お勧め記事◆

初心者囲碁講座詰碁問題囲碁クエスト世界ランク国内ランク