『囲碁のルールを覚えました!』
『9路で大まかな対局経験を積みました!』

そういった初心者さんが19路を始めて最初にぶつかる壁・・・・・それが『定石』です。今まで好調に囲碁を学べていたのに、19路の序盤の打ち方である『定石』がわからずに囲碁を辞めていくって方も結構いるようです。

そこで今回は、私が厳選する『初心者が知っておくべき定石』をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

定石の考え方

定石というものは難しく考える必要はないんです。シンプルに暗記すればいいだけなんですよ。

定石の本などを読むと、小難しいことが色々と書かれてありますよね。私も東洋囲碁2段くらいの実績と経験を持っていますが、いや~も~サッパリわかりませんよ。『日本語で書いてください!』って言いたくなるくらい、よくわからないんですよ。

長年の経験を持つ私でもそんな感じなんです。囲碁の初心者さんが読んで理解しようとしても、なかなかできるものではありません。

つまりですね、私が言いたいのは『定石は分かろうと思って学ぶべき分野ではない』ということです。

今回、ここで紹介するのは『基本中の基本となる定石』です。理解する必要はありません。こんなもんなんだな~と思って暗記してください。暗記して、実戦で使ってみてください。何度も何度も対局しているうちに、脳にしみついてきます。使えるようになってきます。そんなもんでいいんです。

しつこいようですが、第一歩目は『暗記』です。難しいことは考えず、まずは暗記で第一歩目を踏み出してくださいませ~。

小ゲイマ受け定石

この定石は、仕掛けられた黒の方が先手を取れるってのが利点だと思います。実戦でも結構使われています。ま~、応用的な使われ方が多いですが。

ツケ伸び定石

段位者以上で使っている人はほとんど見かけないような気もしますが、級位者の世界では、それなりに見かけるように思います。基本的な流れだけ知っておきましょう。


スポンサーリンク

一間バサミ定石(1)

ハサミ定石関連は、超重要定石です。あまりにも実戦でよくでてくるので、結構簡単に覚えることができると思います。

一間バサミ定石(2)

一間バサミ定石はこの変化もよく実戦に出てきます。しかし、私は一間バサミではこのうち方は使いませんね~。二間バサミくらいのときは使うのですが。

二間高バサミ定石

これも超重要定石です。ハサミ定石関連は、皆よく使うため、ある意味、パターンで覚えやすいですよ。

あとがき

以上、5つの星の基本定石を紹介いたしました。

定石は何十種類とあります。変化、応用を考慮しますと、何千、何万あるかもわからないってくらいの世界です。ですから、初心者さんがそこまで一生懸命に学ぶような分野ではないんですよ。

何事も基本が大事です。まずはしっかりと基本だけ頭に入れておきましょう。後は経験で何とかなるものです。

今回は『星定石』を紹介しましたが、同じくらい『小目定石』も大事なんですよね。今度、そちらも用意いたしますので、よければ参考にしてくださいな。

スポンサーリンク