韓国最強の棋士パク・ジョンファンの登場です。

パクジョンファンは、2日間でアルファ碁と4局対局しています。そして、全て負けてしまいました。何はともあれ、食らいつく根性は大したものだと思います。




【まとめ】アルファ碁の対局履歴

◆2017年◆
10月中 アルファ碁ゼロVSアルファ碁ゼロ40局】-3000~47504775~5185-3400~37003750~4350
5月末 【アルファ碁VSアルファ碁50局】1~5局6~10局11~15局16~20局21~25局26~30局31~35局36~40局41~45局46~50局
5/23~27 【中国】カケツ1局2局3局)・相談碁・ペア碁
12/29~1/4 ※【非公式対局】・・・井山裕太1局)・カケツ1局2局)・パク・ジョンファン1局2局・3局・4局)
◆2016年◆
夏ごろ AlphaGoVSアルファ碁・・・1局2局3局
3/9~3/15 【韓国】イセドル9段・・・1局2局3局4局5局
◆2015年◆
10/5~10/9 【EU】ファン・フイ(Fan Hui)・・・5戦

※【非公式対局】2016年12月29日~2017年1月4日に行われた対局はインターネット上で行われた非公式の対局となります。

『AlphaGo(アルファ碁)』VS韓国の『パク・ジョンファン』

白番: パク・ジョンファン・・・韓国最強の棋士
黒番: AlphaGo(アルファ碁)

結果: AlphaGo(アルファ碁)の5目半勝ち

1-14手の解説

アルファ碁と韓国最強の棋士であるパクジョンファンとの対局です。黒がアルファ碁ですね。

序盤の流れ。右上で、アルファ碁が得意な定石を白のパクジョンファンが使ってきました。おかげで、私は最後まで白がアルファ碁だと勘違いしてしまいましたよ。アルファ碁は黒ですね。

2016年の夏か秋ごろ、『アルファ碁VSalphago』の対局の棋譜がgoogleによって公開されました。もしかしたら、パクジョンファンはこの棋譜を研究室し続けたために、この定石を使ってきたのかもしれません。

しかし、黒13はそっぽ向いたのに、白14と打つとは、朴ジョンファンも固い打ち方してきましたね。

15-61手の解説

白20と飛び込んできました。飛び込まなければいけないような状況を作った分、黒のアルファ碁の方がいいな~と感じますね。

きっちりと囲んでしまった分、やはり黒の方が有利に見えます。ま~、状況的に仕方がないと言えば仕方が無いですが。下辺の白も、右下の白もまだ生きているかどうか怪しいところです。パクジョンファンの厳しい局面が続きます。

ソフトの判断では白の方が10目程度有利となっていますが、まったくあてになりません。




62-81手の解説

パクジョンファン、右辺のうち回し、うまいですよね~。黒が手を抜いて下辺の白を取りに来たら、右辺と右上の黒が全滅しかねません。全滅しないまでも逃げれば盤面は完全に白有利になるため、黒はどうしても手を抜けないんですよね。

そして、うまく先手を確保した状況で白72と下辺を守りに来ました。何とか厳しい局面を脱したって印象です。

しかし、先手(主導権)はアルファ碁の方です。

白80の段階で、ソフトは白が3目程度有利と判断しています。

82-141手の解説

大きな戦いは無いものの、小競り合いと言いますか、地の確保をしあっていますね。大局観における勝負を行っているって感じなのでしょうか。

この状況、ソフトは黒が10目程度有利と見ています。一気に黒有利へと持っていかれてしまいました。

アルファ碁は模様の感覚も良いと聞きますよね。さすがです。

そして、この状況から、終局までヨセの勝負です。最後までヨセあった結果、黒の5目半勝利となりました。

これは、ヨセの勝負でパクジョンファンが頑張ったと考えるべきなのか。それとも、アルファ碁の手加減モードが発動していただけだと見るべきか・・・・・。