こんにちは、囲碁ブログ『日々ネット』を運営しておりますムスイと申します。

囲碁というものは、ルール自体はそれほど難しくないのですが、初心者の方々にとってはとっつきにくいのも事実です。たいていの初心者の方々は『どうやって打てばいいのかサッパリわからない』ということで挫折してしまいます。

どうすればいいのか? 初心者の壁を打ち崩す方法はいろいろとあるとは思いますが、個人的には感覚で身につけていくしかないと考えています。

ということで、今回は初心者や級位者の方向けとして、『棋譜の解説』を行ってみようと思います。東洋囲碁2段で打っている私が『対局中に何を考えながら打っているのか』を解説していくというわけです。

2段クラスの囲碁の感覚がどういったものなのか、よければ参考にしてください。また、質問、意見等があればいくらでもコメントしてください。できる限り回答いたします。




ブログ主の囲碁経歴

簡単な自己紹介として、私の囲碁歴を紹介いたします。

◆1990年代
祖父に囲碁を教えてもらう。
基本定石を3つ程度、囲碁の基本ルール程度を理解
囲碁に興味のある人が周りにいない為、囲碁を続けず

◆2002年
レンタルで借りた『ヒカルの碁』のアニメに影響を受ける
以降、ネット『Igo棋院』(現在閉鎖)で囲碁を打ち始める
(すでに祖父他界)
19路で挫折し、9路で一ヶ月間基本の勉強
以降、ずっと19路で打ち続ける

◆2004年
ネット『ハンゲーム囲碁』に引っ越す
初期、ハンゲーム15級。

◆2006年
ハンゲーム10級(13級でリアル初段程度)に到達
ハンゲームの上級ロビーに引っ越す(ここは上級と初級ロビーは別世界)
上級での初期、ハンゲーム2級

◆2008年
ハンゲーム初段に到達

◆2009年
東洋囲碁に引っ越す
東洋囲碁初段程度。

◆2016年現在
東洋囲碁2段~3段を行き来する
最高、4段まで到達経験あり




棋譜解説1局目

対局日時: 2016年11月1日
対局者 : (白)ムスイ
棋力  : 東洋囲碁2段

 

 

この棋譜を紹介したのに、特に深い意味はありません。たまたまこの日に、この一局を打ったというだけです。