160308-alfa

2016年3月10日、囲碁ソフト『アルファ碁』と世界トップクラスの棋士『李世ドル9段』の第二局目の対局が行われました。

結果は、アルファ碁が2連勝しました。211手までの中押し勝ちです。

一局目は李世ドル9段の油断もあったのではと思われましたが、さすがに2連敗となると言い訳もできません。間違いなく、アルファ碁は世界トップクラスに肩を並べるくらいの力があるようです。もしかしたらそれ以上なのかもしれません。

何だか大変なことになってしまったなという心境です。




【二局目】アルファ碁と李世ドルの棋譜データ

黒: アルファ碁
白: 李世ドル

持ち時間2時間、秒読み一手60秒

結果: 黒:アルファ碁の211手中押し勝ち

だいたい10目くらい差がついているという話らしいです。

負けた李世ドルのコメント

「きのうは驚くだけ驚いたが、今や言葉もない。完敗だ」
「弱点がなかった」
「アルファ碁は今日、ほぼ完ぺきな囲碁を打った。」
「少しでも優勢だと感じる時が一度もなかった」
「全力を尽くして、少なくとも一勝はしたい」

完全に白旗を上げてしまっているようです。実力の差を痛感しているんでしょうね。できれば二勝して次につなげてほしいのですが・・・。




対局日程

第一局目: 3月 9日(水)・・・アルファ碁の勝利
第二局目: 3月10日(木)・・・アルファ碁の2連勝
第三局目: 3月12日(土)・・・アルファ碁の3連勝
第四局目: 3月13日(日)・・・イセドル9段の勝利
第五局目: 3月15日(火)・・・アルファ碁の4勝目

(関連データ)アルファ碁と欧州チャンピオンの5局

アルファ碁と欧州チャンピオンが対局し、アルファ碁が5戦全勝した時の棋譜です。
欧州チャンピオンに勝ったAlphaGoの棋譜を紹介(5局)

あとがき

アルファ碁は特別に凄い手は打っていないようなのですが、なんだか不思議と負けてしまうという感じらしいです。人間がなかなか気づけない勝利までの流れを読み取っているのかもしれません。

かなり苦しい状況になってしまいましたが、李世ドル9段には何とか、何とか巻き返していただきたいものですね!